ガンへと発展していく

薬剤を投与します。

こうしてカルシウムが入ってきたときだけ元気になる酵素が目覚めるわけです。
その酵素の働きで、筋肉線維が収縮することで筋肉が収縮するんですわ。
つまり、筋肉を収縮させるおおもとの興奮はナトリウムなんやけど、最終的にはカルシウムの働きに翻訳して行っているんです。
このように、ナトリウムとカルシウムは大切な働きをしてるんやけど、やく血管でも血管の筋肉でも同じです。
最近カルシウム不足しちゃ:お陀仏です。先輩乙血管のしなやかさを作るナトリウムとカルシウム先生血管の筋肉は一定の緊張をしてへんと、血液の通り道としての役割を果たせへんのです。そこでナトリウムとカルシウムの刺激による興奮緊張が欠かせへんわけです。



症状にある患者さん
もしナトリウムとカルシウムによる緊張がなかったら、血管はゆるんだチューブのように開きっぱなしになって、血液がよどんでしまいます。
やくそれは一大事先生そのことを逆手にとって血圧を下げるのが、カルシウム拮抗薬です。血管が収縮し過ぎて、血管が細くなって血圧が上がっているとき、血管をゆるめて血液の通りをよくするんですよやく薬の名前って難しい表現をするもんですね先生拮抗いうからややこしいイメージになるんでしょうね。薬でカルシウムの働きをちょっとゆるめます。ということなんです。薬の作用で細胞膜にあるカルシウムの通路を閉じるわけですわ。その結果、血管の筋肉があまり興奮せんようになって、血管がゆるんで血液の通りがようなります。
やく筋肉が興奮しなくなる。
先生フグ中毒の原因となるテトロドトキシンというのにも同じ作用がありますねやくだから、フグの毒にあたるとからだが痺れるんですね先生呼吸に関係する筋肉がやられるので、呼吸ができへんようになります。
やく血圧というとナトリウムと関係があると聞き及んでいますが、ナトリウムをとり過ぎると筋肉の興奮が進んで血管が収縮するから、というわけですか^先生そういうこともありますが、血圧との関係ではナトリウムの水分を抱える性質が大切です。

  • 遺伝するのではないかという悩みです。
  • 細胞内のミネラル·バランスを正DHEAの作用
  • 薬の本体は炭です

医師に不信感をいだくようになった両親香織さん

ホルモンを分泌するようになりますからだの海水プールにナトリウムが多くなると、その分だけプールの水も増えます。
きっこうしびからだという容器の中に水分が増えたら中の圧力が上がります。そやから血圧が上がるんです。
やくだから、塩分塩化ナトリウムをとり過ぎないように、という話になるんですね。
先生塩分の摂取量は健康な人で1日10グラム以下、生活習慣病の人は一日六グラム以下に、と言われるのは、そのためなんです。
このナトリウムの性質を理解しておくのは大事なことです。脱水症状を起こすと、水分とともに水を抱える働きがあるナトリウムも失われます。そんな状態のときに水分の補給だけしても、水を抱えるナトリウムが足らんのやから、補給したその水分を保っていられへんのですわ。
やく脱水症のときは水分補給とともに塩をなめろ、というのはだからなんですね先生生理的食塩水ってありますけど、あれが一番いいんですね。僕ら研修医のとき、夏の暑い季節には、病棟に行って置いてある点滴用の生理的食塩水略称は生食そんなには飲めませんでしたけど……。
をこっそり飲んでいました。

老化を解明する適当なモデルとして研究が進められてき

うつ病の画期的あまりにも塩辛くて

ミトコンドリア健康法

「運動はからきしなんだけどなあ」やくいで第十四話色に出にけり。
からだの好不調便や尿が黄色いのにはワケがあるゃくさて、今までのお話を踏まえて、改めて健康に関するお話を伺います。
よく、便の色を見れば健康状態がチェックできると言いますが。色を見ればからだのことがわかるものなんでしょうか^先生我々が健康に生きていくのには、実は色がとても大切なんですわ。我々のからだを切ったら赤い血が出ます。一方、植物って緑色系ですよね。で、こういう色がついているっていうことが、とても大事なんです。
やく植物の緑色は葉緑素だと聞き及んでいますが。
先生実は葉緑体というのは、ミトコンドリアの仲間と言ってええもんなんです。

健康診断を受けていました。

植物は太陽の光と二酸化炭素から、葉緑体でブドウ糖と酸素を作ります。我々動物は、そのブドウ糖と酸素をもとに細胞のミトコンドリアでエネルギーを作って生きている、というのが基本的な構図です。やく動脈の血が赤いのは酸素をのせているから、ということを勉強しましたね。
先生ミトコンドリアの殊勝な思いで紹介してるように、細胞のエンジンにあたるミトコンドリアでブドウ糖や脂肪などの栄養素をもとにATPという馬力を作るのですが、その際に欠かせへんのが酸素なわけです。酸素による赤血球の赤い色は、我々が生きていくためにすごく大事な赤なんですねやく尿や便は黄色っぽいですね先生便はおおむね黄土色をしています。尿も便ほどやないけど、ちょっと黄色いですよね。便や尿が黄色というのは、成分的に同じものなんです。

症状にある患者さん

うつされて

ガンになりやすいというレポートが出たためやく黄色のもとがある^先生赤血球のヘモグロビンのカスが黄色なんです。
やくへえ先生赤血球は脾臓で壊されるのです。赤血球の中のヘモグロビンは脾臓で壊され、ビリルビンになり肝臓に運ばれて、胆汁酸などと一緒になって胆汁になり、腸へと出されます。
ひぞう便は、食べたものが消化吸収されたカスと、お話しした腸内細菌及びその死がいでできますが、ビリルビンは腸内細菌の働きでウロビリノーゲンになり、便が黄土色になるんです。