老化のメカニズムを知らなければならない。

治療法だろう

コンビニのお弁当は塩分が強めに入っており、そのほうがよく売れ、日持ちがよい。おにぎりも同様です。塩をとりすぎてでも体はあいかわらず陸に上がりたてのころのしくみを残しているので、血圧が上がってしまう。
要は社会や環境の変化のスピードが速すぎて、人間の体のしくみや遺伝子がそれに追いついていないわけです。だから、ふつうの生活をしているつもりなのに病気にかかる。いわゆる、生活習慣病
うことになってきたわけです。そのいわば、代表格が糖尿病ということです。
が蔓延してしまついでに言うと、私たちがいくら頑張っても、に原因がありそうです。
なかなかダイエットできない理由、やせられない理由もこジャングルを想像してみてください。当時は冷蔵庫などありません。老化が起こるのです。獲物をつかまえたら、お腹いっぱい食べて、三、四日食べなくてもいいぐらいぎゅうぎゅうに腹につめこみ、限りなく脂肪にしてためこんでおかなければならなかった。ため食いできた人間ほど、生き残ることができたことでしょう。
反対に、目の前にある食べ物を十分に食べられなかった食の細い人や食べたものをエネルギーとして十分にためこめなかったような祖先は、淘汰されたはずです。私たちは、彼ら彼女らの生き残りの子孫ですから、もともと過食ぎみで、エネルギーを脂肪に変えてためこみやすい、太りやすい特徴をもっているわけです。目の前にあるものをお腹がいっぱいであるにもかかわらずさらに食べてしまう性格を有していることになります。私たちは長らく飢餓時代を送ってきたので、霜降り肉やトロ、卵などの脂肪をたくさん含んだ食べ物をおいしいと感じるセンサーが口の中に備わっている。そして、とりこんだ脂肪はなかなか手放さないしくみをもっているのでしょう。
だからどんなにダイエットしてもやせないし、てしまうのです。
ほんのちょっと食べただけで、効率よく吸収してしまい太っ私たちはもっともダイエットしにくい祖先の子孫なのです。残念ですね。

免疫を担うリンパ系

  • 症状が揃ったレビー小体型
  • 治療しておきましょう。
  • ホルモンが出なくなると心配されるためのようです。


薬物療法を選択するという


医師は規定に沿った処方しかできない

でも、なかなかダイエットできないことも、卑しく食べ過ぎてしまうことも、私たちの意志の弱さとは別のところで規定されている側面もあると考えれば、なんだか、気持ちが楽になりますよね。言い訳にはならないでしょうが世界の成人人口の一11人に1人は糖尿病話を戻して、糖尿病の概略について、もう少し説明しておきます。糖尿病の症状で、一番最初に出てくるのはのどがかわいて、水をたくさん飲み、おしっこが出るというものです。そういう症状が出るので、患者さんによっては、水を飲むのを我慢すればいいのではないかと思ってしまう。
これはまったく逆の話です。人間は血糖値が一七OS一八0ミリグラム/デシリットルを超えるとおしっことして体外に出してしまいます。おしっこに糖が出るときは、必ず水が水溶液として一緒に出ていくので、糖の濃度が上がれば上がるほど、おしっこの容量が増えてしまいます。

症状を改善する対症療法が行われます。

つまり体の中が脱水になっている。それを防ごうとして、悪いことではない。むしろ理に適っています。
水を飲むわけです。
だから水を飲むことは決してもちろん甘い清涼飲料水などを飲んでしまうと悪循環になりますので、ません。でも飲水行動そのものをコントロールする必要はありません飲むのはお茶やお水でなければいけそれともう一つ、糖尿病で言っておきたいのは、やせに対する誤解です。太っていた患者さんがやせてくると、「糖尿病はよくなっている」と誤解してしまう。
「先生、やせてきたんだから、糖尿病は治ってきましたよね」とか「やせているんだから、食事療法なんか必要ない」という人が多くいます。
これは大きな誤解です。
さきほども申し上げましたように、糖尿病は飢餓状態です。
悪くなればなるほど、ご飯を食べていないのと一緒になります。
だからやせるほかにもおしっこをたくさん出すと脱水になって、水分の量が減ってきます。
水分の目方が減って、体重が減るわけです。
さらにおしっこにはブドウ糖が含まれています。ブドウ糖はエネルギー源です。ブドウ糖のエネルギーは一グラム当たり四キロカロリー。一回のおしっこで一00グラムのブドウ糖が出たとすると、四00キロカロリーのエネルギーを捨てたことになります。


病気の進行を遅らせるようにすることが大切です。

予防はどうしたらよいか。

小さいお弁当一つを捨てているのと同じになる。
つまり糖尿病でやせてくるのは、エネルギー不足の飢餓状態になっている証拠なのです。
回復しているのではない。むしろ逆に糖尿病の状態が悪化したことのあらわれです。やせたから回復していると思うのは大間違い。何もしないのにやせてくるのは、むしろ危険な兆候です。
ところで、いま、糖尿病にかかっている患者さんはどれくらいいると思われますかつい最近発表された報告では、世界には糖尿病患者さんが三億六六00万人いるということです。成人110ー七九歳人口の八.三%、一11人に1人が糖尿病という勘定になります。二〇一一年時点で、日本は世界第六位の一0六七万人、日本の成人人口はおよそ九五三四万人ですから、成人の一·二%が糖尿病ということになります。


治療するだけでなく

ちなみに糖尿病人口世界ワーストワンは、中国。そのあと、インド、米国、ロシア、ブラジルと続きます。また、糖尿病予備軍まで入れると、その数はおそらくその倍以上にふくれあがります。つまりざっと見積もっても、七八億人。いま、世界の総人口が約七0億人ですから、九S0人に1人の割合で糖尿病、またはその予備軍の患者さんが世界にいることになります。世界的には、10秒に三人、年間にすると1000万人が新たに糖尿病を発症しています。さらに面白いことがわかってきました。世界の糖尿病の患者さんの増加を押し進めているのも、実は、ワーストワン、ツーの中国とインドなのです。この二つの国だけで、世界の糖尿病患者の増加の約四割を説明できます。


老化が起こるのです。 老化のメカニズムを知らなければならない。 医療を実行しているところは本当にわずか。