契約書に記載された保証条項または

裁判所が受賞および秩序の

機密情報がそのように開示されるのに適しているかどうか(その唯一の見解で)決定することは、開示当事者の絶対的な裁量の範囲内である。第5条:裁判所命令の結果として、または政府の措置その他の法律の要求に従って、受領当事者またはその代表者が機密情報を開示する義務を負う場合、受領当事者は、そのような開示の前に開示当事者に書面で通知することにより、開示当事者は、開示パーティー6に拘束力を有する開示に異議を唱えたり勧告したりする機会が与えられる。許可されていない開示の不正使用または機密情報の誤用の報告:受領当事者は、受領当事者が、第7条の通知または知識を有する秘密情報を不正に使用または不正使用した場合、表現の自由の保証または保証なし:開示当事者が開示当事者から受け取った機密情報は、受領当事者が頼りにする保証保証を構成するものではなく、開示当事者は、受領当事者に関して責任を負わないものとする。第8条:譲渡:受領当事者は、開示当事者の書面による事前の同意がない限り、本契約(または本契約の一部)を譲渡する権利を有してはならない。かかる同意がない譲渡は無効となり、本契約の重大な違反となります。上記を条件として、本契約は、本契約に基づき、本契約に基づく当事者およびそれぞれの後継者および当事者、第9条:違反の救済:一方の当事者による契約違反の損害は、ビジネス中断費用の損失を含む違反の結果として他方の当事者が被った損失に等しい額の合計額から発生する可能性のある損害賠償額相手から、受領当事者は、受領当事者またはその代理人による違反に対する適切な救済策ではなく、差止命令および特定の履行義務ならびにその他の衡平法の救済措置受領当事者および/またはその代理人による本契約条項の脅威または実際の違反に対する救済は、より適切な救済策である可能性がある。第10条:契約の有効期限:本契約は、両当事者第11条:注意:本契約に関連するすべてのコミュニケーションは、書面で行われ、個人的に、またはファクシミリまたは電子メールで承認された郵便受け(受領者によって書面で完全な書面または電子メールの受領が確認された場合)本契約書の冒頭に記載されている住所、第12条:免責条項:本契約の条項のいずれかを強制するための開示当事者による遅延の遅延または放棄は、本契約の権利の放棄と解釈されたり、放棄されたりするものではなく、また、本契約書は、その後の措置を取るための開示当事者の権利を害するものでもない。本合意の規定のいずれかによって与えられた救済措置は、その他の法令で法令等により利用可能なその他の救済手段を排除するものではなく、他のすべての救済は累積的であり、法律またはその他の法律により、本契約に基づいて、または現時点で、または現時点で、締約国によるそのような救済の1つまたは複数の選挙は、他の利用可能な救済を追求する権利をその当事者が放棄するものとはみなさない。第13条:分離性:本契約のいずれかの条項(またはその一部)が、適用される法律に違反していると判断された場合、これも本契約から削除されたものとみなされます。本契約の残りの部分は、その契約(またはその一部)がもともと本契約に含まれていなかったかのように完全に効力を有する。

権利をおよび外国における特許を含むものとする
上記にかかわらず、締約国は、削除された条項の代わりに相互に容認される代替条項の条件に同意することを誠実に交渉しなければならない。第14条:完全合意、本契約は、本件に関する主題に関する当事者間の完全な合意を構成し、かかる主題に関するすべての事前の通信および理解(書面および口頭の両方)に優先します。本契約は変更されないものとします。または、当事者が実施する書面による文書を除き、その下にある権利は放棄されます。本契約は、それぞれがオリジナルである2つのカウンターパートで署名されており、両者は一緒になって1つの同じ楽器、第15条:準拠法および管轄:専属管轄権を有する。本契約は、インドの法律に準拠し、解釈されるものとします。

契約には責任の排除が含まれているが義務および保証の性質および言葉に注意深く配慮することが不可欠である提供された
契約には責任の排除が含まれているが義務および保証の性質および言葉に注意深く配慮することが不可欠である提供された

下記の第15条第2項の裁判所、この協定に関連して発生した締約国間の紛争。当事者間で本契約から生じた、または本契約に関連して生じた当事者間の紛争が当事者間で解決できない場合、仲裁人は、1996年の仲裁および調停法または法的修正またはその再現、仲裁地は英語でなければならず、両当事者を拘束するものとする。非本人でないことに同意しないもの:いかなる当事者および/またはその関係者は、何らかの形で当事者によって利用可能にされたソースからいかなる方法でも請求および/または承諾してはならず、当該供給源を利用可能にした締約国の特定の許可なしに当該供給源との取引を行うこと、疑義を避けるために、この制限は、本契約の主題である譲渡に関連する事業にのみ適用され、他の譲渡または事業には適用されない。それを受けて当事者は正式に許可された代理人に上記の最初の日を設定させた。タイトル:存在する: によって署名された。題名:の存在下で:のためのおよびのために非公開の党名:名前:題名:受理者のためにそしてのために名前:名前:タイトル、i)外国の購買 (意味):外国の購買購入は、国内外の財貨およびサービスを取得するための活動とプロセスを記述する機能である。

契約に明示的に記載されている責任を除いて

契約の構成または解釈に使用されてはならず解釈または解釈に影響を与えてはならない

賠償のもとで回収可能な金額に制限を課すことを意味するものではありません一般的な損害

それは、他の目的または他の目的を排除します。第24条:責任の制限、サプライヤーは、本契約に関連して過失または故意のサプライヤーの財産の損害賠償責任を、サプライヤーは、購入者またはサプライヤーが契約した契約の目的でサプライヤーまたはそのサブサプライヤーが雇用した者の死亡または傷害に関連して発生したすべての損失費用または申し立てに対して、購入者に責任を負わせ、それぞれの従業員または代理人によって、後者の場合、購買者は、すべての損失費用およびこれに関連して発生する請求に対して責任を負うとともに、その供給者を補償するものとします。契約書に明示的に記載されている責任を除いて、サプライヤは、いかなる場合でも、本契約に関連するいかなる理由によっても、限定的ではないが予見可能な間接的懲罰的偶発的損害利益または金利投資のデータ損失の喪失を請求すること。システムの使用または利用可能性の中断、第25条:知的財産権、購買者と供給者は、契約締結前に所有していたそれぞれの知的財産権または工業所有権の所有者である。サプライヤーは、ワラントを表明し、その保護された製品またはその使用権の受益者に対する知的財産権の署名日に、契約の履行に使用する権利を有することを保証する購入者にライセンスを付与するためのサブライセンス、第26条:第三者の請求に対するサプライヤーの保証:サプライヤーは、サプライヤーから提供されたシステムのサプライヤーの結果として、第三者の特許およびその他の知的財産権(IPR)の侵害に起因するクレームに対して、購買者が供給したシステムが第三者の知的財産権を侵害しているという正当な主張をPURCHASERが受け取った場合1)サプライヤーが提供するシステムを使用する権利を購買者に調達するか、または2)変更そのようなシステムが侵害していない方法で、または3)上記のいずれも合理的な条件で利用できない場合、供給者は供給されたシステムを取り戻し、購入価格を払い戻すものとする。上記は、侵害がPURCHASERが指定した仕様書には、第三者のクレームのすべてについて直ちに通知され、PURCHASERは知識の侵害を防ぎ、サプライヤとの合意がある場合を除き、第三者の知的財産権に関連するすべての追加債務は除外される。第27条:機密保持と公表、両当事者は、本契約に基づいて相手方から提供されたすべての情報および書類を自信を持って保管し、以下のような機密情報および書類を取り扱うものとする。そのような情報は、職務の執行において従業員が必要とする従業員のものに限る。このような従業員は、情報を機密扱いとする。不当に保留されてはならない相手方の書面による事前の同意なしに、他の人物または団体にそのような情報の公開または他の開示を行わない。許可された許可を得るために合法的に要求されているような政府機関にそのような情報を開示する必要がある場合、当事者はそのような情報の機密扱いを得るために最善の努力をする。本契約に含まれるいかなるものも、本契約第28条のいずれの当事者の名義の商標またはその他の指定を使用する権利を与えるものとして理解されてはならない。現存する契約の有効性または解約に関する質問を含め、本契約に起因または関連して発生するすべての紛争は、国際商工会議所の調停および仲裁の条項の下で最終的に解決されるものとする。

保証人がここに最初に書かれた月および年
仲裁人と議長が司法教育を受けている場合には(もしあれば)。各当事者は、適用規則(任命権)に基づき管轄当局による確認のために1名の仲裁人を指名し、両仲裁人は、30日以内に第3の仲裁人に合意しなければならない。人の仲裁人が第3仲裁人の同意を得るために上記の期限内に敗訴した場合は、任命された仲裁人、複数の仲裁人が存在する場合には、かかる仲裁人のいずれかの仲裁人の指名は、これらの被告人の間の合意によってなされなければならない。そのような被告が、任命当局がそのような共同指名に同意した期間内に敗訴した場合は、その各々に対する手続を分離しなければならない。この場所の手続法は、規則が黙っている場合に適用される。仲裁手続において使用される言語は、英文。

権利と救済その製品に支払われるまで
権利と救済その製品に支払われるまで

適用される法律、インドの法律は契約に適用されるものとする。第30条:その他、免責事項:PURCHASERがいつでも契約を履行することができなかったとしても、PURCHASERの権利放棄と解釈されてはならず、PURCHASERはその後の行動を取る権利に影響を与えません。この契約で使用されている見出しは、参照目的でのみ挿入されているものであり、本条項の条項または条項を解釈する上で考慮されたり考慮されたりすることはなく、また、そのような条項または条件の影響、この契約の複数形への言及は、単数形を含み、単数形への言及は、適切な場合には、3書面による改正:本契約は、以前のすべての口頭または書面による承諾に優先し、完全な書類とみなされます。本契約の条項および条項の変更は、当事者によって行われた書面修正、この条項は、筆記具によってのみ放棄されるものとする。注意:本契約の履行に関する当事者間の法的拘束力のある通知はすべて書面で行い、次のアドレスに送付するものとします。輸出許可のためのエンドユーザーの義務:購買者はエンドユーザー証明書と、そのような輸出許可証のために直ちにサプライヤーが申請できるようにするために必要なその他の文書を発行するものとします。上記の最初と最後の日、第31条:強制終了:契約の条件は、次のイベントの発生時にのみ有効になります。

契約はインドおよび

契約に基づく明白でない金額の支払いの

契約でそのように命名された

不適当または不適切な梱包のために標準以下になったり破損したりした品目は、SUPPLIER支店でPURCHASERが要求するように、次のように補修または交換されるものとします。このような交換または修理は、PURCHASERから通知された合理的な期間内にサプライヤーが行うものとする。そのような交換の引渡しは、購入者から通知を受けた合理的な期間内に供給者によって行われるものとする。サプライヤーは、購入者が随時直接提供する可能性がある機器の安全な輸送に関する特別な指示に従うものとする。第13条:配達、供給者は、契約書に明記されている納入条件、指定された目的地および指定品目の数量に従って供給および納入するものとする。各配達には、配達された各品目の詳細を記載した梱包リストの写しが添付されなければならない。供給者が本契約に基づく義務を履行することを可能にする部分的な出荷および積載が許可されるものとする。供給者は、少なくとも24時間前に通知し、配達が行われる正確な日付をテレックスまたはファックスで確認し、そのような通知を伴う請求書を含める。第14条:完了までの時間:納入者は、附属書(もしあれば)の実施計画のタイムスケジュールに従って厳密に納品するものとし、相互に合意するために延長された時間内に、必要が生じた場合は納入者と購入者第15条:不動産のパッキング、本契約に基づく購買者の権利と救済手段を損なうことなく、サプライヤーによって取得された、またはサプライヤーによって装置に割り当てられた各アイテムは、すべての傷害から解放され、購入者の絶対的な財産になる。しかし、供給者は、購入者がすべての支払義務が履行されるまで、担保を差し押さえ、最初の請求を行う。

契約の終了前に発生した
供給者は、契約に基づいて供給されるすべての機器に、いかなる請求または拘束もない良好な権利を与え、購入者は、機器の静かな所有権を享受する。機器のタイトルは、機器がCIPポイント(インコタームズ 該当する場合)15に従って配達されるとすぐに購入者を通過します。サプライヤーは、CIPポイント(インコタームズ 該当する場合)に準拠して、有形または無形のシステムまたは物的資産の喪失または損害に関するすべてのリスクを負うものとすることは、サプライヤーと購入者の間で明示的に合意されています。安全対策と保険、サプライヤーは、設備システムの安全性に関する予防措置を取るために、自己費用をかけなければならない。サプライヤーは、法律またはその他の場合に随時必要となるいかなる種類の損失または損害に対しても、すべての保険を自己負担で運営し、維持するものとする。別段の合意がない限り、宛先のCIPポイント(インコタームズ 該当する場合)に従って、目的地の港まで契約する。第17条:法令遵守など、供給者は、契約の履行上生じるすべての事項において、すべての通知を与え、すべての告知を行い、国家または州法の規定により要求されるすべての料金を支払うものとする。その他の法律または正当に構成された権限。性能保証:契約者は、契約の効力発生日の30日以内に、契約の5%(5 相互合意したもの)の性能保証を保証者に提供する。取消不能かつ無条件の保証、そのようなパフォーマンス保証に関連するすべての費用は、サプライヤのみが負担します。

権利を設計するサービスが提供される地域の土曜日の日曜日または法定の休日以外の任意の日を意味します
権利を設計するサービスが提供される地域の土曜日の日曜日または法定の休日以外の任意の日を意味します

支払いのための銀行保証:サプライヤーは、PUR-CHASERから支払を受領した時点で、附属書(もしあれば)の支払条件に記載されている前受金に相当する金額の保証を購入者に送達しなければならない。この保証は、サプライヤが発行した取消不能かつ無条件の保証の形式で行われるものとする。この銀行保証はいかなるものであれ自然性を低下させるものであり、かかる支払い保証に関連するすべての費用は、サプライヤーのみが負担するものとする。第19条:保証、サプライヤは、以下を保証するものとする。附属書(もしあれば)の技術仕様に準拠したシステムの満足できる性能。

契約の実行と同時に以下閉じる