動脈硬化が進行します

細胞を殺してしまいます。

スモグロビンAlcが長い時間、高い血糖値の下に置かれると、糖のたんこぶがどんどん増えていきます。
そして糖まみれになって、最終的には「AGE終末糖化産物」という物質に変質していきますAGEの姿として、次のようなイメージを想像してみてください。ヘモグロビンというタンパク質の周囲に四方八方からお菓子のように糖がベタベタとくっついた状態です。
こうなると、もう元のヘモグロビンには戻ることができません。
な物体に変質していきます。
ヘモグロビンとは似ても似つかない異常やっかいなのはこのAGEという最終的な糖化物質が、なかなか代謝されずに、長期間体内にとどまるという点です。赤血球が四カ月で入れ替わっても、AGEだけは残ってどんどん蓄積されていく。
長く人間の体にとどまりつづけるということから、高血糖の記憶という現象と一致するのではないか。
血糖値を元に戻しても、高い血糖値のときと同じように合併症の病気が進行するのは、AGEがそのまま体内にとどまりつづけるからではないか。
このことを確かめるために、AGEを人工的につくって、人間の細胞にふりかけてみました。
するとどうでしよう。このAGEは予想通りに細胞を攻撃したり、組織を劣化させ、老化を加速させた。
悪さの限りを尽くしたのです。
そしてひとたびAGEまで進化すると、元のタンパク質には戻らない。
動脈硬化が進行します

  • 治療もできます。
  • 遺伝子が活性化するからだと言われています。
  • 細胞に号令をかけて貯蔵するように命じます。

老化物質の正体ではありませんでした。ヘモグロビンA1c
モグロビンに置き換わりますが、AGEのほうは二度とヘモグロビンには戻りませんは正常なヘその上、長いこと人間の体内にとどまって悪さをする高血糖の記憶
という現象も、AGEによってきれいに説明できるわけです。糖尿病の患者さんの老化を進め、さまざまな症状を引き起こしていたのは、的な糖化物質に変質したAGEだった!
ヘモグロビンが糖化して、最終こうしてAGEの研究がスタートしたのです。そしていろいろ調べていくうちに、体はこいつだ!と言われだしたのは、わずか数年前のことです。
どうやら老化物質の正3体内のいたるところに存在するAGEここで、みなさんに一つ重大なことをお話ししなければいけません糖化が進んで最終的な糖化物質AGEになるのはヘモグロビンだけではないということです。冒頭で説明したメイラード反応を思い出していただきたい。メイラード反応は加熱によって糖とタンパク質が結合して性質が変わる化学反応でした。
言いかえれば、タンパク質の糖化反応といってもいいでしょうそして人間の体内でも体温で加熱されて、糖とタンパク質のメイラード反応つまり糖化反応が起きている。

 

薬を飲んでいても赤ちゃんに影響しないよう

それがヘモグロビンのAGE化だったわけですが、勘のいい方はすでにおわかりかと思います。
人間の体内にあるタンパク質はヘモグロビンだけでしょうか?
組織はほとんどがタンパク質でできています。
いいえ、そうではありません。
体の細胞やつまり体内の組織が糖にさらされて、長い間体温で温められていると、どんどん糖化が進み、最終的な糖化物質、つまりAGEになっていく。体のあちこち、そこら中にタンパク質が糖化されたAGEがたまっていって、本来の組織を攻撃するようになる。AGEは異常な糖化物質、モンスターなのです。
人間が老化していく姿とは、こうしたことだったわけです。
さきにメイラード反応
とは、糖とタンパク質がくっついて褐色ないしは黄色になる褐変反応
だと言ました皮膚の老化が進むとどうなるか。
動脈硬化が進行します
免疫力の弱い子どもやお车寄りは接種を受けておくと安心です。
認知症の症例数が多い
たるみやしわが出てくるのですが、同時にしみやそばかすも出てきます。
フライパンで焦がしたような、茶色ですね。体の骨も老化が進みますと、スカスカになるだけでなく、色が黄色から薄茶色に変色してゆきます。目の老化の典型は白内障です。白内障になると目の水晶体が白く濁ってきます。白く濁ったことで白内障に気づき処置を受けるわけですが、そのまま放置してしまうと、水晶体は黄色になることが知られています。私が医者になりたてのころは、こうした黄色の目をした患者さんを何人も見かけました。水晶体が黄色くなる。これも褐変反応です。ここで、体内でタンパク質がどのようにAGE化していくか、糖化の過程を説明しておきましょう図2
ブドウ糖タンパク質シッフ塩基アマドリ化合物AGE初期反応可逆的後期反応不可逆的図2AGEができるまでタンパク質とブドウ糖が結びついて糖化したタンパク質ができ、シッフ塩基、アマドリ化合物へと進む。ヘモグロビンA1cはアマドリ化合物の一種で、ここまでは可逆的反応である。さらに糖化が進行すると、最終的にAGEになる。ひとたびAGEになると、元の物質には戻れない。
でマ行涙かァ進後質はがにc剖物ンAにタンら元たピさヒグる何び進的シ11反まがヘ可溯る糖物はひ初きウ合で。

 

動脈硬化の心配をせなあかんけど。

でド化まるがブリこなとドこG質マAクアでA種に2ン基一的図タ塩の終最初にタンパク質と糖がくっつきます。この反応が進むと、マドリ化合物というタンパク質に変質します。
タンパク質はシッフ塩基という物質をへて、アここまでが初期反応です。糖尿病の指標になるヘモグロビンAlc﹂は、このアマドリ化合物に相当します。アマドリ化合物は糖の濃度が下がると、シッフ塩基や元のタンパク質に戻ることができます。つまり可逆的な物質です。
この段階なら、何とか取り返しがきくわけですねしかしアマドリ化合物がさらに加熱されたり、高い糖にさらされると、AGEという最終物質になり、もう元には戻りません。
不可逆的な物質になってしまう。
これがAGE、モンスターです。
ヘモグロビンを例にとると、ヘモグロビンAlc
のうち約10%はAGEに移行します。
それらが血管や組織にべったり沈着して、さまざまな悪さをするのです。
お菓子のようにベタベタした砂糖まみれの物質AGEの正体は何かといいますと、糖化物質です。体内にあるタンパク質が糖化した結果、本来のタンパク質とは似ても似つかないものになった。
AGEはちょうどお菓子のように、表面にベタベタと糖がくっついたような姿を想像されたらいいと思います。
元はきれいなタンパク質だったのに、砂糖でまぶしたようにベトベトになって、本来の働きがまったくできなくなった糖尿病が進行するとそれらが体中のいたるところに広がり増えていきます。

細胞へ糖を取り込ませるのです

ガンを起こすウイルスとして有名です。

ついろな脯し皮膚を構成するタンパク質では種類が違います。
は呼べません。
ですから、できあがったものはそれぞれ違う。
一つの名称でAGE化
したと呼び、AGE化した糖化物質をひとまとめにしてそこでタンパク質が糖化したことをAGEと名付けたのです。
AGEには、元のタンパク質によってさまざまな種類があります。
糖のたんこぶがタンパク質のどの部分に、どんなふうにつくかによっても性質が変わってきます。
もちろんくっつく糖の種類によっても違います。
一説によると、AGEは何十種類もあるのではないかと言われていま皮膚のように1カ月で入れ替わるもの、ヘモグロビンを含む赤血球のように四カ月で入れ替わるもの、コラーゲンのように-5-0年で入れ替わるもの、それぞれAGEから受ける影響も変わってきます。
骨の目の水晶体を構成するクリスタリンというタンパク質は一生変わりません。
つまり、生まれたときからのAGEの蓄積をそのまま受けつづけます。
神経細胞や心筋細胞も一生変わりません。
つづけています。