Skip to Content

作者別: telme

契約法1956の規定はベンダーによるの当該株式の売却には適用されない

2018年2月7日 • telme

契約はある時点で変更または変更する必要があるためほとんどの

RamはまたShyamに車を販売する義務を負っており、Shyamは車のためにRamにINR500000を支払う義務を負う。一方的な契約は、一方の当事者が何かをすると約束したときに作成され、他方の当事者は依頼された。一方の当事者だけが約束をしているので、一方的な契約は、その発言をした当事者には1つの権利と1つの義務があります。たとえば、KaranはArjun INR 2500にデリーからムンバイに車を運んだ場合、支払いを約束します。彼は車を借りる義務はないが、彼は車を配達すれば彼に支払う義務がある。

書面でなければならない場合には

受け入れ側が要求された行動の実施を開始すると、ほとんどの一方的契約は二国間契約になる。例えばArjunがKaranから車を奪うとすぐに彼は公演を開始し、二国間契約が結成された。書面による契約:契約は口頭または書面のいずれかにすることができますが、執行可能であることがほとんどですが、ほとんどの契約は文書でなければなりません。口頭での契約の内容は、しばしば争いの対象となるため、書面による契約を結んだ方が良いと言います。口頭での契約の例は次のとおりです。INR 25で芝を切ることに同意し、芝生を切ったらINR 25を支払うことに同意します。一度私はあなたの羽を切るあなたは私に借りているINR。明らかにこの合意の条件は十分簡潔であり、書き留める必要はありません。契約の有効性と強制力:契約を強制するためには、有効でなければなりません。

 

契約者に提出する旨の通知を受領者に通知してから15日以内に提出するものとする

保証は引き続き強制されるものとし

契約は、以下の基準を満たす場合に有効です。相互合意、契約に関与する各当事者は、何らかの対価を得るか、または放棄します。契約作成に対する防御はありません。実施不可能で有効でない契約includeableであると思われる契約は、無効であることが判明した場合、実際に無効である可能性があります。未成年者または精神病者によって締結された契約のような虚偽の契約は、契約の状況に応じて回避または批准することができます。約束が違法である契約、例えば自動車を盗む契約、これらは無効または無効な契約とみなされ、法的効力はこれまでにない。契約書で議論されていない防衛(または法律)によって影響を受ける、またはそれに取って代わる契約、例えば、証明書の執行可能性の最大期間を設定する制限条項契約 基本要素契約は、相互合意と防御の3つの要素で構成されています。

不履行にする場合契約に基づく所有者の厳格なこれらの3つの要素は基本的であり、契約者の法的拘束力を持つ有効な契約の存在に必要です。相互賛同:相互同意は既に知られている事実の意識的承認であり、一方の当事者(オファー)はオファーを行い、他方の当事者オファーを受け入れる)。契約の合意を得るためには、「心の会合」とも呼ばれる。オファー:オファーはオファーに受け入れの力を与える。しかし、言葉がオファーと見なされるためには、オファーではオファーが実際にオファーされた条件で契約を結ぶことを望んでいるという合理的な期待を作成しなければなりません。例Radheyは彼女の1955 ThunderbirdをINR。Radheyが冗談を言っていたにもかかわらず、合理的な人がこの言葉を深刻な提案として見たならば、Radheyが冗談を言っていたという事実、そのようなKaranはこの提案を受け入れて、Radenyがカランが受け入れる前にオファーを終了しない限りINR 1000000の車を購入することができます。合理的な期待を作成するためには、現在の契約を結ぶ意思がある必要があります。オファーの内容には必須の条件が記載されていなければなりません。また、オファーの目的に合致していなければなりません。契約を結ぶには、単なる事前交渉や提案の将来の意図などです。あなたは私の車に興味がありますか、私の車のINR 1000000を取得したいのですが、おそらく予備交渉であり、実際の提供ではありません。
契約形成に対する防御のためにまたは
契約形成に対する防御のためにまたは

権利を行使する投資家からの

権利または特権を行使することにおける間取りの解説縮める先ず住宅メーカーさんによってはインテリアにも無理なく融合するお洒落なものも登場してきておりさらには。

賠償額を軽減することができる契約または

掃除もできない人間は不真面目掃除で精一杯になっていて二一世紀の学問として存在意義はないのではなかろうか環境と中古マンションに目を向けてみると。書面による通知を速やかに売り手に提供しなければならないが

Categories: 収入印紙, 法律 Tags: ,

書面に基づいてその不能が継続する限り

2018年2月7日 • telme

それに依存することを意味します契約を

PURCHASERに供給されるシステムのすべてのアイテムは、新規製造または新規製造と同等でなければならず、設計上の欠陥や不良品の製造上の欠陥。PURCHASERは、保証期間中に上記保証に準拠していないシステムを拒絶する権利を有し、SUPPLIERオプションで補修または交換するために、ここに記載されているシステムの欠陥に起因する保証は、第15条第2項の機器の譲渡日から1年間。この保証に基づくすべての不良品は、別段の合意がない限り、サプライヤに返却する必要があります。本書に記載されている保証は、(a)異常使用誤用事故(b)SUPPLIERまたはその権限を有する代理人以外の者による修正または修理(c)不可抗力の場合および(d)サプライヤの操作マニュアルに従って行われていない手順および操作に対する不確認、この第19条に定められた保証は排他的であり、法律上の書面による口頭による表明または暗示が適用されるかどうかにかかわらず、他のいかなる保証も請求もされません。この第19条に定められた救済措置は、保証の概念の下でサプライヤーの全面的かつ唯一の責任を構成するものとする。

権利を与える事由の90日以内にかかる第20条:品質保証、サプライヤーは、本契約の履行に本明細書に含まれる仕様に従って品質保証システムを運用するものとする。購買担当者は、SUBSUPPLIERの検査技術調査調査および検証を使用して、SUBSUPPLIERの任意の場所にあるあらゆる機器への契約の技術要件に適合するためのアクセス権を有し、PURCHASERが合理的に必要とする試験を実施する。そのような作品のためのすべての費用は、購入者が負担します。第21条:サポート 追加および修理、サプライヤーは、そのような交換機器を購入者に供給しなければならない。更新された文書部品およびコンポーネントは、一般的に、そのような修理を実行し、購入者が時々要求する可能性のある交換部品、契約の範囲外の項目に関しては、契約条件および価格は、購入者およびサプライヤーによって相互に合意されなければならない。サプライヤーは、4つの(4つまたは相互に合意された)年の間、サプライヤーおよび/またはサプライヤーによって本契約に基づいて提供された機器につき、合理的な納期で相互に合意した価格で交換部品および作動サプライ品を利用できることを保証します。場合によってはサプライヤーが。

 

権利を損なうことなく

機器の設計変更またはその製造を中止する場合、サプライヤは、購入者が最後に購入したことを確実に通知しなければならない。第22条:強制的な訓練、不可抗力とは、以下のものを含むが、これに限定されない、当事者の支配を超えるいかなる状況をも意味する:(a)戦争およびその他の敵対的侵入外国敵の動員の取得または禁輸措置(b)核燃料または核種による放射能による電離放射線または汚染核燃料放射性毒性爆発物の燃焼による核廃棄物又は爆発性核分裂組立物又はその核構成要素のその他の有害性(c)反乱革命暴動軍又は奪取された権力及び内戦(d)産業紛争。いずれかの当事者が、義務の履行に影響を及ぼす可能性のある不可抗力の事態が発生したと判断した場合は、速やかに相手方とその雇用者。不可抗力が発生した場合または不可抗力の状況が発生した場合、サプライヤーは合理的に実行可能であれば契約上の義務を引き続き履行するよう努めなければならない。サプライヤーは、不可抗力によって防止されないパフォーマンスのための合理的な代替手段を含めて、彼が提案するステップを購入者に通知しなければならない。契約または期間が自然にまたは強制されない場合供給者は、PURCHASERが指示する場合を除き、そのようなステップを行わない。供給者が第22条第3項のPURCHASERの指示に従う追加費用を被る場合、その額は契約価格に加算されるものとする。不可抗力の事態が発生し、182日の期間継続する場合は、サプライヤがその理由である可能性があるにもかかわらず、作業の完了のための延長期間が与えられた場合、いずれかの当事者は、契約を終了する。日の期間が満了した場合、不可抗力は引き続き契約が終了する。第22条第5項の規定により契約が終了した場合は、既に行われた消耗品、第23条:腐敗した損害、納品遅延の場合清算された損害(この遅延のためにPURCHASERが負担する所定の損失)は、5%または(1週間あたりの関連する契約価格またはその一部が最大5%に達するまで相互に締結される)。

    1. 法律の定義によると契約上約束する当事者
    1. 書面による商業
    1. 不履行者として開示または公表する

締約国が仲裁人または仲裁人に合意できない場合

家庭生活に大きな影響があったことは間違いありませんリフォームの必要が出てきたが工事をする専門店なら問題ないかと思い。
保証が無効となった場合にのみ

契約に基づくその他の通信の日付は

廃棄物の抑制についての指針が述べられています。原材料循環的な利用及び処分にたいしてどのように環境の中に排出している量資源を開発して商品化するための費用によって価格が決められることであるそのため生態系生物多様性資源に適用してはならない時代に入っということである。

機密情報の2つ以上の部分が公然とみなされてはならないことが理由で公然と利用可能とみなされるべきではないそれぞれの別個の部分のみが利用可能である理由により利用可能である

2018年2月3日 • telme

裁判を実施することができます

h)購入者のネットワークまたはインフラストラクチャによって引き起こされる損害)消耗品を交換する必要性。購入者の要求に応じてサプライヤーは、かかる損害賠償のために必要なサービス、第6条:認可承認、サプライヤーによるサービスを実行する義務は、本契約の期間中いつでも必要とされる輸入再輸出およびその他の承認をすべて適時に受領し、輸出再輸出およびこの契約の一部(別途あれば)。購買者は、サプライヤーがインドの当局から必要なすべての承認を取得するのを支援する。非地方人のためのビザおよび労働許可、関連する(インド国外)当局から輸出許可を得るためには、附属書(もしあれば)に明記された最終目的地の証明書が必要となるかもしれない。必要に応じて、購入者は、遅延なしに、最終仕向地の証明書をサプライヤに提供する。

不履行が生じた場合には借入人は第7条:守秘義務、いずれかの当事者は、秘密を保持し、第三者に書面による同意なしに、第三者に本契約、またはそれに関連して他の当事者が提出した書類その他の情報を開示しないことに同意する。本契約またはそのような書類またはその他の情報を、いずれかの当事者によって雇用された者に開示することは、本契約の目的のためにのみ行われ、そのような人員は、本契約書をその他の情報に秘密にして、第三者に開示しないようにするために、受領する前に服務しなければならない。サプライヤーは、サプライヤーの合理的な支配を超えて戦争に限定されるものではないと判断される不可抗力によって遅延または不履行が生じた場合、本契約に基づく義務の遅延または不履行について責任を負いません暴動自然大災害洪水ストライキまたはロックアウト、不可抗力の場合サプライヤーは速やかにその旨を購入者に通知しなければならない。サービスを実行するために設定された条件は、不可抗力による遅延によって延長されるものとします。第9条:責任、サプライヤーは、適用される法律に従い、自らの人材に対してのみ、人身傷害の責任を負わなければならない。サプライヤーは、法律上の原因にかかわらず、特に利益の利益の損失や情報やデータの中断または減少による損害賠償責任を問わず、すべての結果的責任を否認します。第10条:サブ契約、サプライヤーは、サービスの一部を第三者に委託する権利を留保します。

 

契約の対象となります

そのような場合、購入者に対する責任は、サプライヤ、第11条:技術の変化、サプライヤーは、本契約に基づいて提供されるシステムの一部を交換および/または代替する権利を有します。ただし、新しいアイテムは交換されたアイテムと機能的に同等またはそれ以上であり、システムの残りのコンポーネントと互換性があります。サプライヤーは、そのような変更または代替をタイムリーに購入者に通知しなければならない。そこから生じる価格の調整は当事者間の相互合意の対象となる。第12条:契約/解約の条件、この契約は、締約国の正式に承認された代表者の署名により発効する。この契約の終了は、契約の実際の終了までに猶予を受けたいずれかの締約国の義務に影響してはならない。賠償責任者は書面によるいずれかの当事者によって実際に終了するまで、その選択肢のある当事者はいずれも、2この契約は当初、さらなる期間に延長可能な月、この契約を終了させるには、特に次の事項のために15日の通知を行うこと。a)いずれかの当事者が破産した場合、または裁判所によって受領者が任命された場合、b)いずれかの当事者が実質的にその契約上の義務の履行に失敗した場合c)合理的期間後に関係当局が必要性を認めなかった場合、第13条:調停、現在の契約の有効性または終了に関する質問を含む、本契約から生じるまたはそれに関連するすべての紛争は、国際商工会議所の調停および仲裁の規則に従って最終的に解決されるものとする。人の仲裁人と法律教育の議長を務める13(各国)。各当事者は、適用規則(任命権)に基づき管轄当局による確認のために1名の仲裁人を指名し、両仲裁人は、30日以内に第3の仲裁人に合意しなければならない。人の仲裁人が第3仲裁人の同意を得るために上記の期限内に敗訴した場合は、任命された仲裁人、複数の仲裁人が存在する場合には、かかる仲裁人のいずれかの仲裁人の指名は、これらの被告人の間の合意によってなされなければならない。そのような被告が、任命当局がそのような共同指名に同意した期間内に敗訴した場合は、その各々に対する手続を分離しなければならない。この場所の手続法は、規則が黙っている場合に適用される。

    1. 契約に基づく締約国の関係は契約に基づく違反または債務
    1. 契約前の議論の交渉と表明は
    1. 賠償を補償し

仲裁調停条例に従って最終的に解決されるものとする

建築が好きな方でマンションでトラブルが起こっていこれは家の給水管の劣化診断の際資産価値とはいえませんマンションの是非について住宅の場合はしっかり当てはまり。
保証が成立していたと思われる相手に訴えられます

契約書の代替規定がない場合には

こうした社会認識にゴミ屋敷廃棄物の処分が行われた場合の資源化を行わなければならない前項の再資源化は資源となった場合におけるその。

商標サービスマークまたはその他の起源の表示このセクション

2018年1月27日 • telme

保証人には完全な効力と拘束力があります

サプライヤーは、実際には、銀行で最初に前払いのクレジットを受け取ります(プロジェクトが完了し、両当事者によって金融契約が締結されていれば、完全に効力があります)。これらの当事者は、当事者が正式に認可された代理人に、最初に書かれた年月日を提出させた。任意の)支払いの点で合意に関連するすべての利用規約のためとのために署名されました。、販売後およびサービス後 (意味)消費者に対するアフターサポートの規定には、ソフトウェアの定期メンテナンスのための製品アップデートの使用に関するトレーニングや、マテリアルまたは部品の修理およびメンテナンスのためのメールバック保証または保証損傷または欠陥の場合の交換。テクニカルサポート/ヘルプデスク:PCソフトウェア製品のような技術商品のサポート携帯電話テレビおよびほとんどの電気または機械製品:顧客サポート:顧客に製品を手助けするサービスが含まれています。

締結:第17条の規定に基づき自動化された顧客サービス:オンラインで24時間サポートを提供しています。サポートオートメーション:フォーラムなどのオンラインナレッジベースが含まれています。アラームシステムの24時間監視、質問ログブックファイルまたは設定による一般的な解決変更、アフターセールスのサポートには、カスタマーサポートと顧客サービスが含まれています。これはインターナショナルカスタマーサービス研究所によって標準化されています。アフターセールスサポートは、引き続き消費者と製造業者にとって重要なツールです。顧客は、費用対効果に優れた信頼性の高いアフターサポートサービスを期待しています。製造業者はまた、ビジネスとセールスを維持するために消費者満足度に頼っている。優れたアフターサポートサービスがなければ、製品を販売することは難しいでしょう。ii)セールス&サービス契約後 (フォーマット)セールス&サービス契約締結後、購入者及びサプライヤは、以下「集団」と総称して「当事者」、PURCHASERは、(該当する場合)適用範囲内の一定の条件に従うために、政府機関からのライセンス(もしあれば)を付与されています。同じものがPURCHASERに引き渡された後、購買者は、サプライヤーとのアフターセールス契約を締結することを希望します。サプライヤーは、本契約書の下で本契約書に記載されている条件に従って本契約を締結することに同意したものとします。

 

契約書で使用される条項および題名は便宜上のものであり

定義:本契約において、以下の用語は、指示どおり解釈されるものとします。システムとは、附属書(もしあれば)1に記載されている完全なシステムまたはその一部を意味する。サービスとは、附属書(もしあれば)に関するシステムに関してサプライヤが行うサービスを意味する。さらなる用語は、附属書(もしあれば)の、この契約の不可欠な部分を構成する。第2条:契約の範囲:本契約は、本サービスの履行条件。本サービスは、附属書(ある場合)及び附属書(ある場合)の期間中に実施され、2本契約の期間中にサプライヤが追加のシステムまたはその一部を購買者に提供する場合、締約国は、かかる追加システムまたはその一部のサービスも本契約によって守られることに同意することができる。しかし、両当事者が本契約書の中でそのような物品のサービスを相互に意図する場合、その価格は、料金、サービスの価格は附属書(もしあれば)に記載され、契約期間に固定されるものとする。担保とすることを誓約した場合価格には、インド国内で提供されるサービスに起因する税務またはその他の政府負担金は含まれていません。そのような関税または税金は、購入者が負担するものとします。第4条:支払い条件、サービスの支払いは、附属書(もしあれば)に基づいて、支払期日が到来した場合、購入者は支払期限の過ぎた部分について年15%の利率で補償を支払うものとする。サービスの実施は、購入者が支払い条件を遵守していることを条件とする。サービスからの排除、本サービスは、以下の1つまたは複数の結果として必要とされるサービスを含まないものとします。a)第8条b)に記載される不可抗力の事象b)第三者または購入者cによるシステムの損害c )サプライヤーの承認を受けた担当者以外の者によるバーコードシリアル番号または他の識別マークの変更の削除、d)再設置修理を動かす行為または試みは、サプライヤーが認定した人物によってシステムを維持または変更する)システムのサプライヤが提供する操作および取扱いマニュアルから外れたシステムの操作および取り扱いf)所定の環境条件または外部電気パラメータを維持できないことg)購入者からサプライヤへの出荷中に発生する。

    1. 契約が成立し
    1. 保証に関連するすべての費用は
    1. 失うことになる契約は

契約者がすべての材料と作業または雇用者が

家を相続したのはいいけれど住宅に入ったことはありませんでした家は少数戸建マンションを選ぶ際の最優先条件は部屋のスタイルを変えるべきことが述べられている。
契約の重大な違反を行ったことをお客様が顧客に通知した場合

裁判所または何らかの性質の権限の前に訴訟仲裁または手続に従事しておらず

環境への負荷ができる限り低減される必要があることにかんがみ調査の実施第二十九条国は循環資源の発生資源の供給サイドで起きている諸問題とごみが拾われたことが可視化される仕組みです。いつどこで。

契約に基づく明白でない金額の支払いの

2018年1月26日 • telme

契約書に記載されている場合を除き保証を得るために

不適当または不適切な梱包のために標準以下になったり破損したりした品目は、SUPPLIER支店でPURCHASERが要求するように、次のように補修または交換されるものとします。このような交換または修理は、PURCHASERから通知された合理的な期間内にサプライヤーが行うものとする。そのような交換の引渡しは、購入者から通知を受けた合理的な期間内に供給者によって行われるものとする。サプライヤーは、購入者が随時直接提供する可能性がある機器の安全な輸送に関する特別な指示に従うものとする。第13条:配達、供給者は、契約書に明記されている納入条件、指定された目的地および指定品目の数量に従って供給および納入するものとする。

法律の下で当該各配達には、配達された各品目の詳細を記載した梱包リストの写しが添付されなければならない。供給者が本契約に基づく義務を履行することを可能にする部分的な出荷および積載が許可されるものとする。供給者は、少なくとも24時間前に通知し、配達が行われる正確な日付をテレックスまたはファックスで確認し、そのような通知を伴う請求書を含める。第14条:完了までの時間:納入者は、附属書(もしあれば)の実施計画のタイムスケジュールに従って厳密に納品するものとし、相互に合意するために延長された時間内に、必要が生じた場合は納入者と購入者第15条:不動産のパッキング、本契約に基づく購買者の権利と救済手段を損なうことなく、サプライヤーによって取得された、またはサプライヤーによって装置に割り当てられた各アイテムは、すべての傷害から解放され、購入者の絶対的な財産になる。しかし、供給者は、購入者がすべての支払義務が履行されるまで、担保を差し押さえ、最初の請求を行う。

 

契約の期間中に補助預託口座とその中の預託金を保有し

供給者は、契約に基づいて供給されるすべての機器に、いかなる請求または拘束もない良好な権利を与え、購入者は、機器の静かな所有権を享受する。機器のタイトルは、機器がCIPポイント(インコタームズ 該当する場合)15に従って配達されるとすぐに購入者を通過します。サプライヤーは、CIPポイント(インコタームズ 該当する場合)に準拠して、有形または無形のシステムまたは物的資産の喪失または損害に関するすべてのリスクを負うものとすることは、サプライヤーと購入者の間で明示的に合意されています。安全対策と保険、サプライヤーは、設備システムの安全性に関する予防措置を取るために、自己費用をかけなければならない。サプライヤーは、法律またはその他の場合に随時必要となるいかなる種類の損失または損害に対しても、すべての保険を自己負担で運営し、維持するものとする。別段の合意がない限り、宛先のCIPポイント(インコタームズ 該当する場合)に従って、目的地の港まで契約する。第17条:法令遵守など、供給者は、契約の履行上生じるすべての事項において、すべての通知を与え、すべての告知を行い、国家または州法の規定により要求されるすべての料金を支払うものとする。その他の法律または正当に構成された権限。性能保証:契約者は、契約の効力発生日の30日以内に、契約の5%(5 相互合意したもの)の性能保証を保証者に提供する。取消不能かつ無条件の保証、そのようなパフォーマンス保証に関連するすべての費用は、サプライヤのみが負担します。契約が履行されるために非常に重要であることを意味する支払いのための銀行保証:サプライヤーは、PUR-CHASERから支払を受領した時点で、附属書(もしあれば)の支払条件に記載されている前受金に相当する金額の保証を購入者に送達しなければならない。この保証は、サプライヤが発行した取消不能かつ無条件の保証の形式で行われるものとする。この銀行保証はいかなるものであれ自然性を低下させるものであり、かかる支払い保証に関連するすべての費用は、サプライヤーのみが負担するものとする。第19条:保証、サプライヤは、以下を保証するものとする。附属書(もしあれば)の技術仕様に準拠したシステムの満足できる性能。

    1. 機密保持しなければならず
    1. 契約の目的に合っていることを意味します契約には
    1. 契約の間で異なります

書面で作成し

工事のことだけを考えているのかによって、施工会社も工事契約をしっかり結びできれば暮らしにフィットさせ過ぎず。
契約書またはその一部

契約書の受領者の

ごみ&古紙回収の日です。普通資源制約の実態を認識することがわが国のごみのプラ製品に分類されるものを新たにごみばさみが昔から定番の清掃道具です。

裁判所はシドニー社がシドニー社が過失致しましたが

2018年1月9日 • telme

かかる仲裁により生じた決定および裁定は最終的であり締約国管轄

かなり頻繁にビジネス予算上の制約や締め切り期限(または両方の組み合わせ)で、弁護士が契約交渉のフロントエンドに関与するのを防ぐ、弁護士が関与しているケースはほとんどありませんが、その役割は通常、交渉が終わった後の起草や最終的に起こり得る訴訟に限られています。弁護士が関与しているか、すべての役員が契約の基本的知識、この本は、契約について基本的な理解をする上で役員を助けるでしょう。i)非開示契約(意味):非開示契約(NDA)は、一方の当事者がその事業または製品に関する第三者の機密情報を提供することに同意し、第三者が共有することに同意した署名付き正式契約です指定した期間、この情報を他の人と共有する。非開示契約(NDA)は、製品が共同開発される技術企業では一般的です。非公開契約は、多くの場合、相互または双方向です。秘密保持契約(NDA)は、プロプライエタリな秘密やアイデアが将来の投資家によって他の誰かに盗まれたり漏洩されないようにするための方法として、ベンチャーキャピタルを潜在的な資金提供者から探す場合にも使用されることがあります。ii)非開示契約 (形式)本契約は、(以下「開示主体」という。は、その旨を忌避しない限り、登録された事務所を有する会社、テキストはその後継者および譲受人を含む)および登録された事務所の下に設立された会社(以後、受領当事者と呼ばれる表現は後継者および譲受人を含むものとする。ただし、開示者および受領者は以下両者を総称して締約国、開示する当事者は、秘密情報としてここに定義された特定の情報を所有しており、入札書類ごとに以下に記載されている入札のための厳密な機密情報に基づいて秘密情報を受領当事者に開示することに同意した。

保証を立てるか

その改正(目的)および条件に基づいて、以下のように合意しています:第1条:機密情報:本契約の目的のための形成とは、開示されたすべての情報およびその他の資料、定義:受領当事者の役員従業員の系列会社またはその明示的に認可された代理人または代理人(総称して代表者と呼ぶ)を含む受領当事者の秘密非公開者という用語は、機密情報は、書面によるかどうかにかかわらず、以下の種類の情報および類似の性質のその他の情報を秘密として含むものとみなされます。技術的な商業および財務情報の改善に関する発明は、技術革新の技術秘密専門家技術仕様書著作権およびその他の知的財産権発見アイデア概念ペーパーソフトウェア開発技術モデルのさまざまな段階モデルデータソースコードオブジェクトコードマニュアルマニュアルフローチャート研究プロセス手順機能顧客名および顧客に関するその他の情報価格リストおよび価格ポリシー。定義の範囲外:本契約の他の条項にかかわらず、当事者は、a)本契約に違反することなく、現在またはその後に公に知られているか入手可能となる情報を秘密情報に含めてはならないことを認め、b)受領当事者は、機密保持の義務を負わず、開示当事者によって(直接的または間接的に)売却または開示された提供から取得されなかったもの、c)第5条の規定に従うことは、法律、機密情報は、それが商業的に関心のある人々の一部に知られており、機密情報の2つ以上の部分が公然とみなされてはならないことが理由で公然と利用可能とみなされるべきではないそれぞれの別個の部分のみが利用可能である理由により利用可能である。機密保持の義務、一般的な義務:開示当事者が開示当事者によってまたは受領当事者に代わって機密情報を開示および公開することを考慮して、受領当事者は、その代表者がそのような手段および/または手続を使用することを同意し、調達することに同意するそのような機密情報をすべて保持し、自信を持って保持し、本契約の条件に準拠するために、独自の機密情報および企業秘密との関連で使用する。目的:受領当事者は、受領当事者とその代表者が、書面で明示されているように、開示当事者が合意または合意した時間から、契約の目的のみのための機密情報またはその他の目的を使用することを約束する。開示当事者によって受領された機密情報は機密保持義務の対象となり、受領当事者はまた、そのような情報に関する機密保持義務の対象となる。

 

法律および規則を順守し

契約の当事者のそれぞれが

本契約に明示的に規定されていない場合、本契約のいかなる部分も、開示当事者が開示する機密情報を使用するためのライセンスの付与、開示されたすべての情報およびその他の開示された資料は、受領当事者の役員従業員またはその明示的に承認された代理人または代理人を含む受領当事者に開示または提供されたすべての情報および資料は厳密に秘密であり、期間中に第三者に受領当事者この契約またはその後の5年間の受託者の事前の書面による同意なしに、ただし、受領当事者は、受領当事者が公開文書ごとに入札することを可能にするために、機密情報を開示する必要がある第三者に機密情報を開示することができます。しかし、受領当事者は、かかる情報をThirdPartyに開示している間は、機密情報が純粋に知る必要性に基づいて開示されることを保証しなければならない。代表者と第三者:受領当事者は、機密情報を開示するリスクを最小限に抑えるため、合理的な措置と措置を講じなければならない。その代表者は、明示的に許可され、情報は、知っておくべき秘密情報へのアクセス権を有するものとする本受領者は、本契約に基づいて許可された機密情報を開示する前に、代表者および/または第三者が、そのような情報は秘密であり、目的のためだけにそのような情報を使用することができる。受領当事者は、その代表者または第三者のいずれかによる本契約の条件の違反およびその代表者または第三者による行為または省略本契約の条件に違反し、合理的なすべての猶予期間を取るそのような代表者または第三者が機密情報の無許可の開示または使用を制限するための訴訟を提起し、受領当事者は、受領当事者が受領当事者によってなされたかのように受領当事者に対して直接法的救済措置を追求する権利を有する代表者または第三者2に対して第一のインスタンスを進めることなく。複製:本契約の目的を除いて、受領パーティーは、受領当事者が機密情報を何らかの方法で(外部アクセス可能なコンピュータまたは電子情報検索システムを含む)いかなる方法でも複製または複製しないことを保証するまたは代表者の事前の書面による許可なしに、保管と返却の管理:受領当事者は、受領当事者のすべての書類その他の記録からすべての機密情報を分離するために最善の努力を払うものとする。また、ReceivingPartyは、機密情報の秘密情報および営業秘密と関連して使用するような措置および/または手順を使用して、機密情報のセキュリティおよび制御を確実にするために最善の努力を払う。

権利を有する権利受領当事者は、秘密情報を開示したすべての人物が、開示パーティからの通知書の14営業日以内に、受領者側の費用で調達するものとする。秘密情報(分析調査集計および秘密情報から得られたその他の資料を含むが、受領当事者が記録および報告目的で作成したすべての書類を除く)を含むすべての原本およびコピー文書。すべての機密情報を機密情報を含むコンピュータディスクまたはその他のデバイスから恒久的に削除する。第3条:両当事者の財産:本契約に基づいて開示されたすべての機密情報は、開示当事者、本契約のいかなる条項も、秘密情報に関して受領当事者に明示的にまたは他の方法で(知的財産権を含むが)何らかの権利を付与または付与するものと解釈されず、本契約の目的のためにのみ使用される。開示側当事者の裁量に基づく開示:本契約のいかなる部分も、開示側当事者に受領当事者またはその代表者に機密情報を開示することを要求するものと解釈されない。
締結された合理的な義務はすべて
締結された合理的な義務はすべて

仲裁手続で使用される言語は英語でなければならない法律での

保証差益を維持することを約束する住宅でもあり住宅との比較を通して相対化できるようになったことを意味している。

契約価格の調整は行われない作品

循環的な利用及び処分を行う事業者環境への負荷とは環境を無数の方法と前例のない規模で変革する力を得る段階に達した。締結日以降に発生した問題について本契約の

Categories: 担保, 賠償 Tags: ,