症状にある患者さん

認知症はメインの疾患になり得ません。

やく骨太なんだ!
一見すると骨太なんです。
先生ところが折れやすい。
糖尿病の人は骨粗鬆症の判定には当てはまらへんのですが、骨折することが多いんです。それは骨の質が悪いからちゃうか、ということでいま一番問題になっています。
やく問題は骨の質ですか^先生骨を鉄筋コンクリートの建物にたとえますとね、コンクリートに当たるのがカルシウムですわ。鉄筋に当たるものはコラーゲンなどが主な成分となって作られています。
現在の検査ではカルシウムの量、つまりコンクリートがしっかりしているかどうかはわかるんですが、その中に埋め込まれている鉄筋の状態まではわからへんのです。やく骨太になるには、鉄筋も大事だということですね先生いま使われている骨粗鬆症の薬も、コンクリートの量を多くするもんばっかりなんです。



治療をつづけた恭作さん
これからの時代は、鉄筋を強くする薬が開発のターゲットになってきますねやく食事とか運動で骨の量や骨の質をよくすることはできるんですか^先生食事でカルシウムの多い桜エビや小魚、チーズなどを食べることは大切ですね通郷隆盛像骨太、6、NO代表格を6骨質、tうだったん左3う西郷どん重力や日光浴も大切なワケ先生それと骨の健康を維持する上で重要なものは重力ですわ宇宙船で無重力状態の生活をした飛行士が地球に帰還したとき、当座はちゃんと立てんようになります。重力が加わらへん状態が続くと骨からコンクリート役が失われ、鉄筋も弱くなるからです。地Eに戻って重力を受けるようになったら回復しますけどね。
骨の強さを作る上で重力が大事やということからも、我々の先祖が海から上がって陸での生活を始め、をまともに受けるようになったことで骨のシステムが作られた、ということがわかります。
やく重力にありがとうの世界ですね先生それと日光浴との関係も大きいんです。
重力日光を適度に浴びると、紫外線によって、からだでビタミンDがよく作られるようになります。

  • 神経を刺激
  • 病気が始まる前のサインです。
  • 症状が現れます

うつっぽくなってくる

細胞膜を安定させるビタミンDは腸や腎臓そして骨に作用して、血液中のカルシウムの量を増加させます。
やくほう。
先生実は最近、ビタミンDは免疫力を高め感染を予防するという大事な働きをする、と言われだしています。
細菌やウイルスがからだに侵入するのをビタミンDが防いでくれるんですね。また、ビタミンD不足とがんの関係も注目されています。
やくうーむ。骨のワールドも、なかなかに奥が深い。

生命のカギを握る、

細胞の外と内仕切ったほうが効率よくできる生命の営みやくでは、先ほどの話に登場した、電解質についての勉強をしたいと思います。電解質という難解そうな字を目にしただけで拒否反応を示す人がいるかもしれません。かく言う私も、この対談を行う前まではそうだったんです。でも今は、電解質の基本的なことを理解しておかないとマズイかもなと思うようになってきました。

症状が改善されることが多いのも事実です。

ホルモンが分泌しなくなったことの影響が大きいと思われる電解質っていうのは、からだの細胞の営みの基本ツールなわけですよねそこでまず、電解質と関係するであろう生命の基本のにあたる質問をしたいのですが人類のそもそものルーツとなる生命体は海の中で生まれたと聞き及んでいますが、その生命体なるものはどうやって発生したのでしょうか^先生生命の起源についてはわからへんことだらけです。
私は、細胞膜なら細胞膜で仕切られた瞬間から、かと思っているんです。
独立した生物としての営みができるようになったんやないたとえて言えば、家の敷居にあたるもんができて、中は敷居の外とは違う自分の世界や、という状態になったことが重要やったという気がしてるんです。
やくなんで仕切ったかっていうことになると、哲学的な領域になって、科学の概念じゃないような気さえしますね。

ストレスがあふれ出す

だって、なんの意思もないところに、どうしてそうなっちゃつたんだろうって考えないといけませんものねこれは、宇宙に外と内があるのか、というような概念にも通じますか。もしかすると、宇宙にも外があるのかもしれない。
先生宇宙の外と内ねえやく膨張しているぐらいだから宇宙に外側があるんだろう、っていう考えはありでしょうけれどで、もし生物が生まれなければという話になりますと、先生が言われる敷居の外と中という考え方もたぶん出てこないんでしょうね先生結果的に、仕切ったほうがいろんなことが効率よくできるようになったわけです。たとえば、ものを貯めるという概念があるでしょ。ものを貯めるとなると、どこかに貯めなあかんわけです。
貯め込んでいく金庫がないと。で、どんどん貯め込んでいくことによってエネルギーが生まれるわけですわやく貯めることでエネルギーになるのですか^先生以前、細胞のミトコンドリアで、車で言うたら馬力にあたるATPアデノシン三リン酸が作られることを、話しました。ミトコンドリアがたくさんのATPを作ることができるのはミトコンドリアの中に水素イオンを貯め込んでいくからなんです。
やくほお先生食事をして糖分や脂肪を消化吸収するたびに、そうした栄養分を分解することで水素イオンが作られます。ミトコンドリアはその水素イオンをちょっとずつ貯め込んでいくわけです。
子宮がん症状にある患者さんの検診

病気にならない生き方

薬を飲んでいました。イメージ的には、ダムに水を徐々に貯めていって、ある一定の水位に達したら一気に放流するというように、ミトコンドリアは貯め込んだ水素イオンを一気に放流することで、たくさんのATPを作る水車を回すことができるんです。
ミトコンドリアを持たない初期の生命体は、稼いだ日銭をその日で使いきってしまうという単純な方法でエネルギーを作るやり方をしていましたそやけど、この方法やと効率が悪いんです。
その日暮らしの生活では、お金を貯めて電化製品や車を買って豊かな生活を送ることなんかできないことに似ています。
そこで、なんとか使わないで貯めておいて、ある段階まで貯まったら一気に使う、という効率的なやり方になってきたわけです。
やく落語にある江戸っ子の話じゃないですけど、宵越しの金は持たねぇ、っていうんじゃ駄目だと先生そういうやり方やとあかんのです。では、そんなことがなぜできるのかいうたら、ミトコンドリアでは二枚ある膜の内側の膜と外側の膜の間に水素イオンを貯めていくわけですわ。そういう空間を作るためにも、敷居で囲まんとあかんわけです。
やくいま先生のお話を伺っていまして、辞書はどのように説明しているのだろうかと思ったんですよね。