症状が改善されることが多いのも事実です。

医師に診せるべきだ

薬物療法や手術療法のほ

感覚神経とか自律神経の働きが不具合をきたすんです。感覚神経の働きが悪くなると、熱いで、やけどするでという感度が鈍くなるんですわ。それで、それほど熱くないものでも長い間気づかずに触れているとやけどを起こしてしまうんです。糖尿病の場合は、その後の治療にも難儀します。
やく細かい気配りも必要なんですね先生すぐにからだを温かくしようと思ったら、一つは震えることですね。身震いですわ。シバリングと言い|ミトコン円アクーリングダウン中ますけど。寒いとこに行ったら、勝手にからだが震えますよね。
やくちゃんと名称があるんですね先生で、もう一つのいい方法は、血管を広げてあげることです。血液の流れをよくすると温度が上がります。
運動もいいんやけど、簡単にすぐできるのは乾布摩擦ですわやく乾布摩擦!何やら懐かしい言葉ですね先生乾布摩擦をすると、からだの表面の血管が広がります。血管を広げることで血液の通りがよくなってからだが温まるんです。
やくお腹を温めるといいと言われますが。
先生そのとおりです。お腹を冷やすと、血管が収縮してお腹へ血液が行きにくくなりますね。血液の流れが悪くなると胃腸の働きも悪くなるんですね。腸がよう働かへんようになると、消化·吸収や排泄の働きがうまいこといかんようになります。

症状は少しずつ進行していて

かんぷまさつそれに加えて酵素の働きも悪くなるから、消化液の働きも悪くなります。
からだのストーブ、褐色脂肪体温についての研究は進んでいるのでしょうか。
体温の関係で最近わかってきたことは、褐色脂肪についてです。やく先生褐色脂肪というのは、からだのストーブの役目をするものです。
プするための臓器なんですねつまり、体温を上げてからだをヒートアッ褐色脂肪はネズミなど小さい動物でとても発達しているんです。
やくそれはまたなぜ^先生ネズミなど、からだの小さい動物はミトコンドリアの性能が悪い、ということを何度も紹介してきましたが、ミトコンドリアの性能が悪いと熱を作る働きも悪いんで、からだが冷えやすいんです。
それともう一つの問題は、ゾウのような大きいからだやったら、からだの表面がたとえ寒くても、皮膚が厚いのでからだの中の温かさは保てるんですねそやけど小さい動物は、からだの表面の寒さを全身でモロに受けやすいというようなことで、からだの小さい動物ほど、からだが冷えやすいので、彼らはストーブの役目をする褐色脂肪をたくさん持っているわけです。

 

治療期間が短い患者さんほど

免疫低下説やくすぐにからだの芯まで冷えてはかなわない。
先生で、そんなストーブは人間にはあらへんやろ、と言われていたんです、最近まではあったとしても赤ちゃんのときだけで、大人になったらそんなもんはないと。ところがMRI核磁気共鳴画像診断装置でよく観察してみると、大人でも褐色脂肪が残っている、ということがわかったんですねやくそうなんですか。
先生さらに、褐色脂肪が発達している人ほど、糖尿病とか肥満になりにくい、それはなんとなくわかりますよねやく体温を上げる場所が多いと、そこでエネルギーがよく消費されるから。
先生正解ですわということもわかったんです。
褐色脂肪は熱を出すことにエネルギーを使うシステムです。

薬や栄養補助食品としてのサプリメントを利用すれば同じもんを食べ、同じ運動をしていても太る人と太らへん人がいますが、それは褐色脂肪の多い少ないによるんやないか、というわけです。
熱があるとき、お風呂はあきませんやくところで、子どもが熱を出したときに、お風呂に入れていいか、いけないか、という古くからの大問題があります。判断が洋の東酉で違うとも聞き及んでいますが、日本では駄目っていうけれど、ドイツあたりはお風呂に入れてパッと寝かすとか。
先生熱があるときは、やっぱりお風呂に入れたらあかんと私は思います。熱があるときにお風呂でからだを温めたら、からだの内に熱がこもる状態を起こしてしまうからですわ。うつ熱状態ですねやく大人でも^先生基本はですね。からだにバイ菌が入ったとき、そのバイ菌をやっつけようとからだが頑張るとどうしてもオーバーヒート気味になります。

遺伝子です。

症状が改善されることが多いのも事実です。その熱をからだの外に発散させて、なんとかクーリングダウンして戦い続けようとからだはしているのです。
そやから、三九℃も四0℃も熱がある子どもさんに、いっぱい服を着せて診察に来られるお母さんがいるけど、あれはよくない。
やくお風呂の話と同じで、うつ熱を起こすから^先生むしろ薄着のほうがいいんです。
やく先生の患者さんの中で、子どもを真っ裸とまではいかなくても薄着にして連れてきたなんていう、理にかなったお母さん、いらっしゃるんですか^先生あまりおられませんね。やっぱり、薄着というのは嫌なんやろうね。苦しんでいるわが子に厚着をさせて大切にからだをくるむというイメージがええんやろと思います。
やくもしお母さんが薄着にして子どもを連れてきたら、できたお母さんですね。
先生そんなお母さんは、ほんまのことをよくご存じの賢いお母さんというふうに考えてええですねそんな11とよリ早く、..00r1の子を衣状

腹八分目、

呼吸八分目で、ミトコンドリアを高性能なものにミトコンドリアを鍛えて、高性能なものにしようやくからだにありがとう
というコンセプトのもとに対談を続けてきました。
ありがとうというからには、からだにぜひお礼をしたい、という思いがありまして……。
先生からだへの感謝の気持ちということやったら、健康に過ごすことが一番やないかと思います。
やく何から手をつけたらいいのでしょう。

検査で大きな画像に写

治療であることを理解していただきたいと思います。具体的には^先生健康についてはいろいろな指標が言われてますけど、私は、高性能なミトコンドリアが増える、ということが健康で長生きできる一番いい指標になると考えてるんです。
やくミトコンドリアについては、これまで何度も登場しました。大切な働きをしているからこそだと思いま先生おさらいをしますと、ミトコンドリアは、我々のからだの細胞の活動に欠かせへん大切なエネルギーを作る場所なんです。車でいえばエンジン役ですわ。エンジンで出る馬力にあたるのがATPアデノシン三リン酸です。
ミトコンドリアが高性能なもんになれば、馬力もよく出て細胞の働きも元気になり、健康になります。それだけやなくて、今はやりのアンチエイジング老化の進み具合を遅くするにも役立つんです。
やく高性能なミトコンドリアが増えたかどうかはどうやってわかるのですか。ミトコンドリアを見ればわかるんでしようか。
先生実は、ミトコンドリアのほんまの姿いうのんは、立体的にはまだよくわかってないんです。
やく細胞の中にポツポツといるイメージですが、必ずしもああいう姿ではない。
先生細胞の中に点在しているのやなくて、一つにつながったアメーバのような状態で存在してるかもしれへんのです。電子顕微鏡で見る像は、細胞をある部分でスパッと切った断面図です。それを見て、これがミトコンドリアやと言うてるわけやけど、一つながりのミトコンドリアの一断面を見てるだけやのかもしれんのです。やくそういうことなのですか。


症状が改善されることが多いのも事実です。 症状にある患者さん ガンへと発展していく