薬を服用中の人

治療の概念が変わることを期待しています。

そうしたタイプの神経障害です。典型的には、足の指先からしびれなどの症状があらわれ始め、次に手の指先に症状が出てきます。脊髄から最も遠い神経の先っぽからやられていくからです。正座をして、足がしびれてしまう。
ちょうど、あんな感覚が手や足に常に起きてくる病気です。
手足のびりびり感やしびれ感がさらに進行していくと、知覚障害、知覚異常が見られるようになります。たとえば、足の感覚がなくなると、熱さや痛みも感じない。とても入れないような熱いお風呂に平気で足をつっこんでしまい、やけどでぺろりと足の皮がむけてしまう人もいます。湯たんぽやあんかでやけどをしてしまう方もいます。通常、私たちは、熱かったり痛かったりすると反射的に手足を引っこめますよね。その感覚が鈍っているために、ひどいやけどをしてしまうのです。
痛みもありませんから、足に怪我をしていても気づかない。ひどい靴ずれがあるのに平気で歩いている。傷口からばい菌が入ったりして、ときには足を切断しなければならなくなるような状況になってしまうこともあります。神経障害にはさらに自律神経障害があります。これがやっかいで、場合によっては命取りになることもあります。自律神経は血圧を調整したり、脈拍数をコントロールしたりしています。
たとえば、人間の体は横になって寝ていて、パッと起き上がったときというのは、一時的に末梢の血管がギュッと収縮して脳へ行く血流が減らないように調整しているのです。そうした働きが落ちてくると、急に立ち上がったときに、血圧がストンと下がり、フラフラとして倒れてしまう。起立性低血圧と呼ばれる現象です。風呂上がりにひっくり返ったりするのも、同じ現象です。
また、自律神経は内臓の活動などを支配していますが、糖尿病の合併症によって、自律神経のコントロールができなくなると、内臓の働きそのものがおかしくなってきて、いろんな症状を起こします。たとえば、ご飯を食べても胃腸が働かないことがある。食べ物が何時間も胃袋に残っているので、食事をとっても血糖値が上がりません。医者が、食後、血糖値が上がるだろうと予測して抗糖尿病薬を出してしまうと、薬だけが吸収されて、低血糖になって倒れてしまい、救急車で運ばれるという緊急事態を招くことになります。
薬を服用中の人

  • 病気を根本的に治すことができる
  • 予防の合成黄体
  • 免疫力を高める生活を送っていれば

老化現象でしょう。ほかにも最近日本でも注目されているED、男性の性機能の障害や不整脈にも自律神経が関係します。
ED、すなわち勃起障害はなかなか他人に話したり、医師にも相談しにくいですよね。でも、糖尿病でEDがあると将来、心筋梗塞を起こしやすいこともわかってきました。また、EDをある程度治療することが、心筋梗塞の予防にもつながる可能性も指摘されてきています。恥ずかしがらず、生活の質を高める意味でも、EDに関して担当の先生に積極的に相談されるほうがいいと思います。また、自律神経障害による不整脈は、ときとして命取りになります。
とくに透析患者さんの場合は、透析の前後で血液量や血圧も大きく変動しますし、自律神経がこれらの変化に対応していけないこともあります。
さらに、自律神経が乱れると、膀胱におしっこがたまっても尿意をもよおさないことがあります。その結果どうなるかというと膀胱がぱんぱんにふくれあがって、トイレに行くととてつもなくおしっこが出る。そういうことをくり返していると、膀胱の中で細菌が繁殖して膀胱炎になります。
糖尿病の血管合併症で大きな血管がやられる大血管障害では、動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳血管障害が起きます。これらは糖尿病の人だけでなく、一般の人にも多い病気です。前のページでもう少し詳しく説明しままた足の血管がつまって、そこから先に血液が行かなくなるので、組織が死んで壊疽を起こします。すると足を切断しなければならない。糖尿病の人が足を切るリスクは、ふつうの人の一六倍くらいと言われています。

 

老化を遅らせる効果

以上、糖尿病についていろいろ述べてきましたが、私が何を言いたかったのかというと糖化されたタンパク質、つまりAGEが人間の体の中で破壊的な行動をしていることを、糖尿病の患者さんの例をとって強調したかったのです。それは糖尿病の患者さんだけでなく、私たちの体の中でも起きています。さをしているのか、その詳しいメカニズムについては前のページに譲るとして、てたまっていくことを述べていきます。AGEが具体的に体内でどんな悪次の章ではAGEが食べ物によっ前のページのまとめ○持続時間、これが老化のスピードの指標になる。
血糖値が高い状態がつづくとAGEの量1血糖値老化は早まる。血糖値がそれほど高くなくても、体の中で悪さをする年をとればAGEは体の中で増えていく。
増えたAGEが人間は常に腹ぺこ状態で生きてきた。
それを目いっぱい食べ、食べ物があれば、とで、飢餓に耐えてきた。
そのため、血糖値を上げるためのバックアップ機構はたくさん備えてきたが、血糖値を下げる必要はめったになく、インスリンのみがその働きをする。つまり、太りやすい性質の人間こそ昔、脂肪にたくわえるこが生き残ってきた。
糖尿病がいま、世界的に増えている。
糖尿病になると、さまざまな病気にかかる率も高まる。
その背後にはAGEの存在があり、AGEがたまっていくことが、老化の縮図であるといえよう。
こうした病気にかからせるとすれば、糖尿病は

AGEを増やさない食べ物がある

体の中でつくられるAGE食品中のAGE食品中のAGEの7%は体内の中にとどまる食べ物の中のAGEが体にとりこまれる食品中のAGEのうち7%が体の中にとどまる。

症状を伴う場合もあります。
医療につながっていない場合
医師の多く
食べ物の中のAGEAGEは高血糖によって体の中でつくられるだけではありません。AGEがたくさん含まれる食べ物を食べることで外からもとりこまれます。
おおよそ、その食べ物に含まれるAGEの七%が人間の体内にとりこまれて、さい図3
最終的に蓄積すると思って下私たちは年間一000回前後食事をとりますから、一回ずつのAGE摂取量はそれほどではないとしても、AGEが多めの食事をとっている人は、長い間にそれが積み重なって大きな差がついてきます。
高血糖ではないのに、気になる人がいるのは、糖尿病の患者さんと同じように老化が早まったり、動脈硬化やがんなどさまざまな病食事を通して外からAGEをたくさんとっているからだとも考えられます。
ではどんな食べ物にAGEが多いのでしょうか。

AGEはタンパク質と糖のメイラード反応ですので、高温で加熱調理したもの、つまりメイラード反応を起こしているものにAGEがたくさん含まれます。
メイラード反応とは加熱により、焦げ目がついたり、キツネ色になることです。単純に言いますと、水を使わずに焼いたり、油で揚げたものによく見られます。
つまり見た目でAGEの量がある程度判断できるわけです。
鶏肉を例にあげましょう。まず鶏肉を水炊きで食べます。水炊きはお湯でゆでるので、鶏肉の色はキツネ色にならず、トリの肌の色のままです。

 

症状をコントロールすることが必要です。

次に鶏肉を焼いて焼き鳥にします。ちょっと焼き目がつきますね。
というと、あぶり焼きにした北京ダックです。
そして一番焼き色がつく鶏肉料理は何か鶏肉を同じグラム数だけ食べた場合、料理によってどれくらいAGEが違うのか。
たとえば水炊きを1とした場合、焼き鳥は10ぐらいで、北京ダックは二〇ぐらいです。
同じ鶏肉を食べても、調理方法によって体内にとりこむAGEの量がかなり違う。目安は焼き色です。
こんがりと焼き色がついていればいるほど、AGEは多い。
そう考えると、唐揚げやフライなど揚げ物はみなキツネ色ですから、AGE値が高いことがわかります。
同じ褐色でも、味噌や醬油、コーヒーなどはAGEを含みますが、機能性成分があると言われています。
同じAGEでも、食品によって毒性が強いものと、人間にとって有用な成分を含むものとがあるのかもしれません。食品は、いろんな成分や機能を含みますから、一概にAGE量の多い·少ないのみで、良し.悪しを決めてしまうのは短絡的すぎます。
九0分というこんな短時間で、血管の機能が悪くなるのです。ハンバーガーを食べると、AGEが一五%上がります。その上がり幅に合わせて、血管の柔軟性が失われてくる。
それに伴い血中のこういうことを頻繁にくり返していると、ドは便利ですし、値段も手頃です。しかし、動脈硬化が進んでいく可能性が高まるでしょう。ファーストフ朝、昼、晩、三食ともファーストフードというのは、考えものでさらに、ファーストフードをとることで、便利さと引き換えに、家族そろって話をしながら楽しく食べるなど、何か大切なものを失ってしまっている可能性もあります。
遺伝子を損傷

ケアに関する財産

それに食事にかける時間は五、六分、朝昼はほとんど車の中で食べる、というのでは体がまいってしまうのではないでしょうか。
その意味でも、一つひとつゆっくりと時間をかけて食べていく日本の懐石料理などは理想的な食事です。
ただ、毎食、懐石料理を食べるわけにはいかないでしょうから、たまにファーストフードを食べるときも善後策として野菜サラダなど繊維質の多いものも注文し、それらを先に食べたり、ゆっくり会話をしながら食べたりするよう工夫すればいいと思います。野菜を食べることで、血糖の数値が上がるのが抑えられます。
とにかく高温で加熱調理すると、AGEがたくさんつくられる。なるべくそうした調理法をさけることです。

最近とみに、開業医の先生方や糖尿病の患者さんから「AGEの多い食品、食べ物をどれくらい制限したらいいんですか」と聞かれますが、「揚げ物やオーブンで焼いたようなものを完全に排除し、一律にさけてしまう必要はありません。ただ、そういったものばかりにならないように気をつける、バランスに配慮するほうがいいでしょう」
と答えています。
それから電子レンジの料理を頻繁に食べるのもあまりよくありません。チンしても食物は茶色にならないので、見た目はいいように思いますが、アメリカ栄養士学会のレポートを見ると、ゆでたものよりAGEの量は増えるようです。
それに冷めた揚げ物などを何度も電子レンジでチンして温め直すのは、酸化、劣化させるのでおすすめできません。
食品中に含まれるコレステロールを酸化コレステロールは、悪玉コレステロールの中でももっとも悪い物質で、動脈に侵入して動脈硬化を起こさせるのも、実はこの酸化コレステロール劣化コレステロールも同じ意味のしわざです。また、生体内では、酸化と糖化は車の両輪のように作用し、タンパク質やコレステロールを劣化させます。劣化コレステロールの大部分は、単純に酸化だけを受けているのではなく、AGE化、糖化変性も受けていることが知られています。食品がどのような状態になると、酸化コレステロールが発生するか、まとめておきます。。

症状が改善されることが多いのも事実です。

治療をつづけた恭作さん

薬物療法や手術療法のほ

感覚神経とか自律神経の働きが不具合をきたすんです。感覚神経の働きが悪くなると、熱いで、やけどするでという感度が鈍くなるんですわ。それで、それほど熱くないものでも長い間気づかずに触れているとやけどを起こしてしまうんです。糖尿病の場合は、その後の治療にも難儀します。
やく細かい気配りも必要なんですね先生すぐにからだを温かくしようと思ったら、一つは震えることですね。身震いですわ。シバリングと言い|ミトコン円アクーリングダウン中ますけど。寒いとこに行ったら、勝手にからだが震えますよね。
やくちゃんと名称があるんですね先生で、もう一つのいい方法は、血管を広げてあげることです。血液の流れをよくすると温度が上がります。
運動もいいんやけど、簡単にすぐできるのは乾布摩擦ですわやく乾布摩擦!何やら懐かしい言葉ですね先生乾布摩擦をすると、からだの表面の血管が広がります。血管を広げることで血液の通りがよくなってからだが温まるんです。
やくお腹を温めるといいと言われますが。
先生そのとおりです。お腹を冷やすと、血管が収縮してお腹へ血液が行きにくくなりますね。血液の流れが悪くなると胃腸の働きも悪くなるんですね。腸がよう働かへんようになると、消化·吸収や排泄の働きがうまいこといかんようになります。

かんぷまさつそれに加えて酵素の働きも悪くなるから、消化液の働きも悪くなります。
からだのストーブ、褐色脂肪体温についての研究は進んでいるのでしょうか。
体温の関係で最近わかってきたことは、褐色脂肪についてです。やく先生褐色脂肪というのは、からだのストーブの役目をするものです。
プするための臓器なんですねつまり、体温を上げてからだをヒートアッ褐色脂肪はネズミなど小さい動物でとても発達しているんです。
やくそれはまたなぜ^先生ネズミなど、からだの小さい動物はミトコンドリアの性能が悪い、ということを何度も紹介してきましたが、ミトコンドリアの性能が悪いと熱を作る働きも悪いんで、からだが冷えやすいんです。
それともう一つの問題は、ゾウのような大きいからだやったら、からだの表面がたとえ寒くても、皮膚が厚いのでからだの中の温かさは保てるんですねそやけど小さい動物は、からだの表面の寒さを全身でモロに受けやすいというようなことで、からだの小さい動物ほど、からだが冷えやすいので、彼らはストーブの役目をする褐色脂肪をたくさん持っているわけです。

遺伝子です。

やくすぐにからだの芯まで冷えてはかなわない。
先生で、そんなストーブは人間にはあらへんやろ、と言われていたんです、最近まではあったとしても赤ちゃんのときだけで、大人になったらそんなもんはないと。ところがMRI核磁気共鳴画像診断装置でよく観察してみると、大人でも褐色脂肪が残っている、ということがわかったんですねやくそうなんですか。
先生さらに、褐色脂肪が発達している人ほど、糖尿病とか肥満になりにくい、それはなんとなくわかりますよねやく体温を上げる場所が多いと、そこでエネルギーがよく消費されるから。
先生正解ですわということもわかったんです。
褐色脂肪は熱を出すことにエネルギーを使うシステムです。
同じもんを食べ、同じ運動をしていても太る人と太らへん人がいますが、それは褐色脂肪の多い少ないによるんやないか、というわけです。
熱があるとき、お風呂はあきませんやくところで、子どもが熱を出したときに、お風呂に入れていいか、いけないか、という古くからの大問題があります。判断が洋の東酉で違うとも聞き及んでいますが、日本では駄目っていうけれど、ドイツあたりはお風呂に入れてパッと寝かすとか。
先生熱があるときは、やっぱりお風呂に入れたらあかんと私は思います。熱があるときにお風呂でからだを温めたら、からだの内に熱がこもる状態を起こしてしまうからですわ。うつ熱状態ですねやく大人でも^先生基本はですね。からだにバイ菌が入ったとき、そのバイ菌をやっつけようとからだが頑張るとどうしてもオーバーヒート気味になります。

 

医師に診せるべきだ

細胞が増殖してできたものです。その熱をからだの外に発散させて、なんとかクーリングダウンして戦い続けようとからだはしているのです。
そやから、三九℃も四0℃も熱がある子どもさんに、いっぱい服を着せて診察に来られるお母さんがいるけど、あれはよくない。
やくお風呂の話と同じで、うつ熱を起こすから^先生むしろ薄着のほうがいいんです。
やく先生の患者さんの中で、子どもを真っ裸とまではいかなくても薄着にして連れてきたなんていう、理にかなったお母さん、いらっしゃるんですか^先生あまりおられませんね。やっぱり、薄着というのは嫌なんやろうね。苦しんでいるわが子に厚着をさせて大切にからだをくるむというイメージがええんやろと思います。
やくもしお母さんが薄着にして子どもを連れてきたら、できたお母さんですね。
先生そんなお母さんは、ほんまのことをよくご存じの賢いお母さんというふうに考えてええですねそんな11とよリ早く、..00r1の子を衣状

腹八分目、

呼吸八分目で、ミトコンドリアを高性能なものにミトコンドリアを鍛えて、高性能なものにしようやくからだにありがとう
というコンセプトのもとに対談を続けてきました。
ありがとうというからには、からだにぜひお礼をしたい、という思いがありまして……。
先生からだへの感謝の気持ちということやったら、健康に過ごすことが一番やないかと思います。
やく何から手をつけたらいいのでしょう。
具体的には^先生健康についてはいろいろな指標が言われてますけど、私は、高性能なミトコンドリアが増える、ということが健康で長生きできる一番いい指標になると考えてるんです。
やくミトコンドリアについては、これまで何度も登場しました。大切な働きをしているからこそだと思いま先生おさらいをしますと、ミトコンドリアは、我々のからだの細胞の活動に欠かせへん大切なエネルギーを作る場所なんです。車でいえばエンジン役ですわ。エンジンで出る馬力にあたるのがATPアデノシン三リン酸です。
ミトコンドリアが高性能なもんになれば、馬力もよく出て細胞の働きも元気になり、健康になります。それだけやなくて、今はやりのアンチエイジング老化の進み具合を遅くするにも役立つんです。
やく高性能なミトコンドリアが増えたかどうかはどうやってわかるのですか。ミトコンドリアを見ればわかるんでしようか。
先生実は、ミトコンドリアのほんまの姿いうのんは、立体的にはまだよくわかってないんです。
やく細胞の中にポツポツといるイメージですが、必ずしもああいう姿ではない。
先生細胞の中に点在しているのやなくて、一つにつながったアメーバのような状態で存在してるかもしれへんのです。電子顕微鏡で見る像は、細胞をある部分でスパッと切った断面図です。それを見て、これがミトコンドリアやと言うてるわけやけど、一つながりのミトコンドリアの一断面を見てるだけやのかもしれんのです。やくそういうことなのですか。

症状には効果がいまひとつという傾向が認められます。であれば、高性能というのは先生何をもって高性能のミトコンドリアやと判断するかは難しい面があるんやけど、考え方を説明しますわ。
ミトコンドリアは内膜と外膜という二重の膜に包まれていることに触れましたが、内膜にはATPを作るのに欠かせへんたくさんの酵素が埋め込まれています。この酵素が多いほど性能がいいと言えますから、膜の表面積が大きいほうがええやろ、と考えられます。表面積が大きかったら、電子顕微鏡で見る断面図でも大きなもんになりますわやくすると大きさで判定する^先生そうですね。そして数値としてわかるもんとしては、馬力ATPを作る酵素がたくさんあること車の排気ガスにあたる活性酸素の発生量が少ないことなどが目安になるわけです。で、実際に測ってみて、ATPの量が多いもん、活性酸素の発生量が少ないもんを高性能なミトコンドリアと言うてるわけです。
活を入れるためのカロリー制限やく先生ミトコンドリアを鍛えると、そうなんですわ。
馬力がよく出て排気ガスも少ないものに変身できるほな、どうすればええんや、という話になります。
やくさん、何をしたらええと思わはりますか^やくウーム先生ミトコンドリアに活を入れればいいんですわゃく活をーどうすれば、そんなことができるんですか^先生活を入れる方法は二つあります。一つはカロリー制限、もう一つが呼吸制限なんです。
やくカロリー制限は何となくイメージできますが、呼吸制限というと正直申しまして謎ですね先生順番に謎解きをしていきましょう。
話の前提となる基本のにあたることをおさらいしときますと、ミトコンドリアで馬力を作る原料、で言えばガソリンにあたるもんは、毎日の食事からとる栄養分です。主にブドウ糖や脂肪ですわ車その原料をもとに馬力を効率よく生み出すのに欠かせへんものが酸素なわけです。
養分と、呼吸から得る酸素が、ミトコンドリアには欠かせへんわけです。
やくそこでカロリー制限の謎解きですね。
先生たとえば、五の馬力を作るのにふだんは10の食べ物が必要やとします。
つまり、食事から得た栄ところが食べ過ぎが習慣となって、毎日の食事で100の食べ物が得られる状態が続くとします。

治療期間が短い患者さんほど

症状が改善されることが多いのも事実です。山ほどある原料から五だけのATPを作ったらええんか、ということになりますから、ミトコンドリアが怠けるんです。
働きを10分の1に落としても大丈夫やんか、ということでやくふーむ。
先生こんな怠け癖が長い間続いていたら、そのツケがたまって、ATPをちゃんと作れんようになってしまうんです。馬力が出ん車がちゃんと走れへんように、馬力が出ない細胞が多くなったら、健康な毎日を送れへんようになります。ミトコンドリアに原料が少ない状態やという情報を与えると、これは怠けてられへん、ということで本来の働きに目覚め、効率よくATPを作り出します。性能がよくなったミトコンドリアは、高性能ミトコンドリアと呼ばれます。
やく活を入れるカロリー制限の目安はありますか。
先生理想を言えば腹七分目の実行ですわ。ただ私は腹八分目でもいいやんか、と思っています。それもなかなかできない人は腹九分目からでも、何もせんよりはいいと思いますわやく腹八分目の実行となると、なかなか消化·吸収の話第九話の中で披露しましたように、私はなんせ出てきたものはすべて食べるという完食主義者なもんで。

でも、お話はよく噛みしめたいと思います。先生私の場合は、以前も触れましたが、食事で出てきたもんの二割を残すようにしてますわ。もったいないから残さんようにとか、残したら食べ物を作らはった人に申し訳ない、という考え方も一理はあります。そやけど、こんだけ身のまわりに食べもんがあふれている状況なわけやから、発想の転換も必要やないかと思ってます。やくこれが腹八分目だ、とからだで感じる目安があると助かりますね先生いつもお腹が少し減っていると感じたり、次の食事まであと何時間やろと気にするようになったり、次の食事は何を食べようかと考えるようになったり。そんな気持ちになる食事の量を心がけていると、腹八分目の感覚がつかめるようになりますわ腹八分目に慣れてくると、胃が少し小さくなってきた感じがして、やく完食主義者にはとにかく耳が痛い話が続きます。
量も食べられんようになります。

検査で大きな画像に写

治療であることを理解していただきたいと思います。断食でも同じ効果が得られますか先生腹八分目が、ミトコンドリアに少し活を入れることを続けるもんやとすれば、断食は入ってくるカロリーを突然ゼロにするショック療法にあたります。ただし、ショック療法なわけやから、医師の指導を受けて気をつけながら行うことが必要です。
カロリ制限でミトコンドリアチューンアッ70しとる乏呼吸八分目にあたる運動も、活を入れることに役立つやくこれまでのお話で、腹八分目のことはストンとよくわかりましたが、呼吸制限とはどういうことです。先生たとえば、急ぎ足で歩いたとき、息がハアハアしてきます。これは、からだに酸素が足りんようになった、という状態で、ハアハアするのは、もっと酸素が欲しいというサインですわ。つまり運動は、からだを酸素が足りん状態、言ってみな呼吸八分目の状態にすることにほかならないんです。
やくなるほど。それが活を入れることにつながる。
先生運動をして呼吸八分目の状態にすると、ふだんは呼吸十分目が当たり前やんかと楽してるミトコンドリアも、頑張らなあかんと目覚めるんです。
呼吸八分目の運動の一つの目安としては、息が少し弾むくらいのウォーキングを一回二十三十分、できれば毎日実行するのがええと思います。

やくそれを続ける。
先生飽きんと続けるには運動にイベント性を持たせないようにすることです。食事と同じように、日常のルーチンワークにしてしまったほうがええんですわ。駅まで必ず歩くんやと決めたら、もうそれを淡々と実行するのが長続きさせるヒケツなんです。歩いている途中できれいな人やイケメンと会えへんやろかとか、期待してはあかんのです。もちろん、偶然芸能人に出くわしたら、なりますね。それはそれでケッコウなことです。やく実は私は運動はからきしというくらいしないんです。


症状が改善されることが多いのも事実です。 症状にある患者さん ガンへと発展していく