契約はそのような承認を受けなければならない

権利を保証するものである
したがって、彼らはオファーとして受け入れることはできません。オファーが意図されたものであるかどうかを判断することは、以下の客観的テストを使用します。次のことを考慮する必要があります。内容:一般的に、オファーの条件は特定、契約の本質的な条件が十分に提示されている場合、それらの条件との契約が強制される。伝統的に、契約執行のために、契約には以下のすべての項目が含まれている必要があります。受益者の身元受取日時支払いまたは配達日数実行される作業の性質(該当する場合)コミュニケーション:効果的なオファーが存在するためには、オファーはオファーにオファーを伝えなければならず、合理的な人物は、受取人の受諾権を創造することを意図していた。彼のコンピュータ上のタイプですが、以下を配布しないでください:私は青色の1990年フォードヴァンを20000マイルINR 80000現金、彼が昼食を食らっている間、彼はフォードデーラーを通り抜け、彼のバンが価値があることを知る。Bは個々の机を通り、彼のコンピュータ画面を読む昼食から戻ってくる。
契約のペナルティ条項は強制できないことに注意することが重要です
Bは彼にINR80000の小切手を渡す。Aはこのオファーを伝えるつもりはなかった。それを受け入れる権利はない。コンピュータ画面上のコミュニケーション・タイピング・ワードは、覚醒の力を作り出すことを意図したものではないので、オファーではない。オファーの終了:オファーの終了は、受諾権の終了とも呼ばれます。オファーを受け入れるためには、そのオファーがまだ有効かどうかを個別に確認する必要があります。失効失効拒否または失効失効を含む償却者が終了することができるいくつかの方法があります。オファーが契約になるためには、拒否者、一般的に効果的であるためには、オファーは、オファーのそれぞれのすべてに対して、自発的な現在の明白な無条件の同意でなければなりません。
契約書作成ならリーガルチェック、弁護士さんでトラブルなし

機密情報を他の当事者の秘密情報に直接的または間接的に関連するすべてのコピーを含むかまたは他の当事者の事業に直接または間接に関連する
合意は合理的な方法でオファーに伝達されなければならない。考察:考慮は、交渉と価値から成り立っている。契約の理由または重要な理由、考慮すべきことは、各当事者が何かを得るか、何かを放棄するような互いの賛同があることを意味する。約束をしている人には何らかの恩恵があります(私は、Promisor)、約束を受け入れる側の一部の損害または位置の変更(Promisee)。いずれかの当事者が何かをやることを約束していない場合、当事者はその契約を強制することができません。例:KaranはSheenas houseにINR 5000をペイントすることに同意します。SheenasはKaran INR 5000を支払うと約束しています。

書面による事前の同意なしに他の人物または団体にそのような情報の公開または他の開示を避ける
契約者手形郵便又は電報によりその旨を通知し

彼女はお金を払って、新しく塗られた家を手に入れている。カラン人の約束は、thehouseをペイントすることです。彼はINR5000を得て、家を塗る時間をあきらめている。Karanが家を塗るとSheenaは彼に支払うことを拒否します。KaranはSheenasを法廷で約束することができます。カランが家を痛めつけることを拒否した場合、シーナは別の画家を雇うことができ、INR5000以上の費用がかかる場合、彼女は裁判所に行くことができます。