ガンへと発展していく

検査子宮内膜症や子宮筋腫かどうかを確認するため

こうしてカルシウムが入ってきたときだけ元気になる酵素が目覚めるわけです。
その酵素の働きで、筋肉線維が収縮することで筋肉が収縮するんですわ。
つまり、筋肉を収縮させるおおもとの興奮はナトリウムなんやけど、最終的にはカルシウムの働きに翻訳して行っているんです。
このように、ナトリウムとカルシウムは大切な働きをしてるんやけど、やく血管でも血管の筋肉でも同じです。
最近カルシウム不足しちゃ:お陀仏です。先輩乙血管のしなやかさを作るナトリウムとカルシウム先生血管の筋肉は一定の緊張をしてへんと、血液の通り道としての役割を果たせへんのです。そこでナトリウムとカルシウムの刺激による興奮緊張が欠かせへんわけです。
もしナトリウムとカルシウムによる緊張がなかったら、血管はゆるんだチューブのように開きっぱなしになって、血液がよどんでしまいます。
やくそれは一大事先生そのことを逆手にとって血圧を下げるのが、カルシウム拮抗薬です。血管が収縮し過ぎて、血管が細くなって血圧が上がっているとき、血管をゆるめて血液の通りをよくするんですよやく薬の名前って難しい表現をするもんですね先生拮抗いうからややこしいイメージになるんでしょうね。薬でカルシウムの働きをちょっとゆるめます。ということなんです。薬の作用で細胞膜にあるカルシウムの通路を閉じるわけですわ。その結果、血管の筋肉があまり興奮せんようになって、血管がゆるんで血液の通りがようなります。
やく筋肉が興奮しなくなる。
先生フグ中毒の原因となるテトロドトキシンというのにも同じ作用がありますねやくだから、フグの毒にあたるとからだが痺れるんですね先生呼吸に関係する筋肉がやられるので、呼吸ができへんようになります。
やく血圧というとナトリウムと関係があると聞き及んでいますが、ナトリウムをとり過ぎると筋肉の興奮が進んで血管が収縮するから、というわけですか^先生そういうこともありますが、血圧との関係ではナトリウムの水分を抱える性質が大切です。



症状にある患者さん
からだの海水プールにナトリウムが多くなると、その分だけプールの水も増えます。
きっこうしびからだという容器の中に水分が増えたら中の圧力が上がります。そやから血圧が上がるんです。
やくだから、塩分塩化ナトリウムをとり過ぎないように、という話になるんですね。
先生塩分の摂取量は健康な人で1日10グラム以下、生活習慣病の人は一日六グラム以下に、と言われるのは、そのためなんです。
このナトリウムの性質を理解しておくのは大事なことです。脱水症状を起こすと、水分とともに水を抱える働きがあるナトリウムも失われます。そんな状態のときに水分の補給だけしても、水を抱えるナトリウムが足らんのやから、補給したその水分を保っていられへんのですわ。
やく脱水症のときは水分補給とともに塩をなめろ、というのはだからなんですね先生生理的食塩水ってありますけど、あれが一番いいんですね。僕ら研修医のとき、夏の暑い季節には、病棟に行って置いてある点滴用の生理的食塩水略称は生食そんなには飲めませんでしたけど……。
をこっそり飲んでいました。

あまりにも塩辛くて

ミトコンドリア健康法

「運動はからきしなんだけどなあ」やくいで第十四話色に出にけり。
からだの好不調便や尿が黄色いのにはワケがあるゃくさて、今までのお話を踏まえて、改めて健康に関するお話を伺います。
よく、便の色を見れば健康状態がチェックできると言いますが。色を見ればからだのことがわかるものなんでしょうか^先生我々が健康に生きていくのには、実は色がとても大切なんですわ。我々のからだを切ったら赤い血が出ます。一方、植物って緑色系ですよね。で、こういう色がついているっていうことが、とても大事なんです。
やく植物の緑色は葉緑素だと聞き及んでいますが。
先生実は葉緑体というのは、ミトコンドリアの仲間と言ってええもんなんです。

  • 健康診断を受けていました。
  • 動脈硬化についていう
  • 検査をしてみました。

薬剤を投与します。

ホルモンを分泌するようになります植物は太陽の光と二酸化炭素から、葉緑体でブドウ糖と酸素を作ります。我々動物は、そのブドウ糖と酸素をもとに細胞のミトコンドリアでエネルギーを作って生きている、というのが基本的な構図です。やく動脈の血が赤いのは酸素をのせているから、ということを勉強しましたね。
先生ミトコンドリアの殊勝な思いで紹介してるように、細胞のエンジンにあたるミトコンドリアでブドウ糖や脂肪などの栄養素をもとにATPという馬力を作るのですが、その際に欠かせへんのが酸素なわけです。酸素による赤血球の赤い色は、我々が生きていくためにすごく大事な赤なんですねやく尿や便は黄色っぽいですね先生便はおおむね黄土色をしています。尿も便ほどやないけど、ちょっと黄色いですよね。便や尿が黄色というのは、成分的に同じものなんです。

やく黄色のもとがある^先生赤血球のヘモグロビンのカスが黄色なんです。
やくへえ先生赤血球は脾臓で壊されるのです。赤血球の中のヘモグロビンは脾臓で壊され、ビリルビンになり肝臓に運ばれて、胆汁酸などと一緒になって胆汁になり、腸へと出されます。
ひぞう便は、食べたものが消化吸収されたカスと、お話しした腸内細菌及びその死がいでできますが、ビリルビンは腸内細菌の働きでウロビリノーゲンになり、便が黄土色になるんです。
老化を解明する適当なモデルとして研究が進められてき

うつ病の画期的というわけやから便の色は、消化吸収の状態を反映することになるんですね。肝臓や胆道の病気で胆汁が腸に出なくなったときは、黄色にならんと白っぽい灰色の便となります。
やくだから、便の色で健康診断が成り立つんですね先生そうなんです。
腸のウロビリノーゲンがまた吸収されるんですね。そうすると尿の黄色のもとになります。
そやから尿の色も、消化·吸収の状態を反映することになるんです。
黄色ですが、これまでの話となんか関係があるような。
やく先生なるほど。信号の色は赤、緑、うまいこと三つの色でしょ。
ふだんから色に気をつけて、チェックをしてみることは大切なことですわ。
ピンクは血色がよくて健康という証拠たとえば、腸はどんな色をしているのですか。
やく先生やく先生臓器の色には、何か必然性があるんですか。
腸詰めソーセージの色と同じですわ。
腸詰めの色^ピンクです。

筋肉は赤みを帯びています。筋肉は、ミオグロビンという赤い色素を持つタンパクが多いほど赤くなります。
ミオグロビンは、赤血球のヘモグロビンが運んできた酸素を受け取るタンパクです。ですから、ミオグロビンが多い筋肉ほど酸素を使うミトコンドリアも多いんです。そしてミトコンドリアが多い筋肉ほど血液循環がよくなり赤血球も多い。つまりミトコンドリアの多い筋肉は、ミオグロビンが多いことと、血のめぐりがいいことの両方で赤みが強くなるんです。
せっきんはっきん白筋と呼ばれている筋肉はミトコンドリアが少ない赤みを帯びている筋肉は赤筋と呼ばれています。
んです。
一方、ピンク映画って言っても、今は誰もピンとこないですよね。アダルト映画のことを昔はピンク映画って呼んでました。だから、日本ではピンクというと悪いイメージで受け取られるんですけど、英語でピンクいったらイコール健康ということです。

医師に不信感をいだくようになった両親香織さん

やく血色がいいということですね先生血色がよくて健康や、ということをピンクとかピンキーと言うんです。からだや臓器の色がいいピンク色をしているのは、血液がちゃんと流れているという証拠なんですねやく血液の流れが悪ければ先生血液の流れが悪くなった場所は白っぽくなります。
あとは筋肉の量です。心臓の筋肉とか、肺も一部は筋肉ですけど、基本的には筋肉の色と血液の色で決まるんですねやく膵臓は白いということを聞き及んでいますが、先生私は外科医ではないので生身の膵臓って見たことないです。膵臓ってからだの深い場所にあるので簡単に見えへんのですよやく神秘の臓器というか。
先生取り出してくると割合と白っぽいですけどね。せやけど実際には血液の流れは多いはずです。インスリンを分泌し、消化酵素をたくさん作り出さんといけないわけやから。生身の膵臓は血液の流れのいいピンク色をしてると思いますよ。
やくなるほど。ところでミトコンドリアも、ピンクミトコンドリアがよい、という話を聞き及んだことがあります。
ビリク映画先生これはミトコンドリアをピンクにしようというのやなくて、血液の流れをよくして、からだのいろいろな場所を血液の流れのよいピンク色に保つと、ミトコンドリアも元気になるという意味です。

やくとなると、鏡に顔を映して、ちょっとピンクがかっているほうがいいわけですね先生臓器が疲れているってことは、血色を見ればわかります。つまり色艶ですわ。そやから皮膚の色艶がええ人っていうのは、からだの中の臓器もいい色をしているんです。
やく肌は正直だと先生別の項でも触れましたけど、からだの中の活性酸素や酸化ストレスが多いか少ないかは、肌の色艶に反映されます。そやから見た目って結構大事ですわ。
やくリアルにイメージがわきます。
先生私は患者さんを診るときに、なんかしんどいんちやうかと判断するのは顔色が悪いときですわ。
やく腸の色も、悪いとアウトだと。
先生血液の流れが悪い状態を虚血といいますけど、虚血になっている腸を見たら、それはぞっとしますよ。
真っ青を通り越して真っ白ですよそんな色をしている腸は破れる可能性があります。ほんまに超悪いんです。からだは結構メッセージを発している、ということですね。なぜ気づかんのかと……。
先生やく奥、けん返せ!

からだをいったん店じまい。

睡眠は人生のリセットタイム眠るってことに飽きない。
ほっとけば、いつまでもやく人間は「何事にも飽きる動物である」
と言われますが、その点、私は眠るってことに全然飽きないです。先生寝られます、ずっと^やくはい!ほっとけば、いつまでも。
先生若いって証拠やないんですかね

症状にある患者さん

うつされて

ガンになりやすいというレポートが出たためやくょく家人が死んでいるのかと思う、っていうぐらい。
先生それって、すごい幸せなことですよ。
やくこのごろは、寝ると面白いっていうことも意識しているんですよね。今日はどんな夢を見るだろう、とか。面白い夢もよく見るので、それが楽しくて。
先生夢から漫画の着想を得るとか。
やくあそこまで生産的なっていうのはないですね
先生私は、起きたときがすごいんですよ。そやから起きたときをすごい楽しみにしてますねやくすごいっていうのは、アイデアがですか。
先生はい。朝起きて、髭を剃ってるときに、ものすごくアイデアが出てくるんです。
やく素晴らしい一日の始まりですね先生朝目覚めて覚醒するときに、時間の流れが変わるんやと思うんです。
人は死ぬ間際に、一生の出来事を走馬灯のように一気に回想するっていうやないですか。
脳の働きが常と違うんですわ。そやから、私は覚醒するときって、すごい好きなんです。
それに似た感じで漫画のアイデアが浮かぶときってこんな感じかな、とも思うんですけど、なときにフッと出てくるんですか^やく降りてくる、という言い方をよくしますけどね先生仕事場で机に座ってはるとき^やくいや、机の前では降りてこないですね。
やくさん、漫画のアイデアはどん過去の経験則から、風呂に入れば出てくる、っていう自己暗示がかかっていまして。風呂に入れば出るだろうと思って入ると実際に出てくるんです。まあ極端に言うと、ネタが出るまで風呂からは出ない

先生クリエイティブなことを考えなあかんときって、さあ、考えようって思うと、絶対出てきいひんですねやくそういうときはたとえひねり出せてもロクなものにはならないですからね。
先生雰囲気を変えて、歩いているときにフッとか、アッという感じで出てきます。そやからリセットするつて、とても好きですね。
その意味では、生きることをいったんリセットするのが睡眠なんです。
高先ゃ世ひ先や先やと先やと先ゃにリ先や時先やすす先やぜな生くにん生く生くくい生くで生くい雺生ㄑ恩生く。ク生く眠とそや動さ話睡長。睡そてい実最だ睡睡とと人入眠これらきんに眠時眠うはこ際適ん眠眠とにのだををはかば浸てこがまとつよっ間睡研すまがは睡ん研馬1睡睡時あえにっるろもん回はな時間眠のツるくく睡必かは寝い長者はに眠眠間睡んセれぃと、たいてうてが眠究かだわ七眠短究鹿ダらセい時でク世んち眠然んいてまいのてうつ間間なてしンとトはグとリし。

症状にある患者さん

健康保険適用となります。

やく骨太なんだ!
一見すると骨太なんです。
先生ところが折れやすい。
糖尿病の人は骨粗鬆症の判定には当てはまらへんのですが、骨折することが多いんです。それは骨の質が悪いからちゃうか、ということでいま一番問題になっています。
やく問題は骨の質ですか^先生骨を鉄筋コンクリートの建物にたとえますとね、コンクリートに当たるのがカルシウムですわ。鉄筋に当たるものはコラーゲンなどが主な成分となって作られています。
現在の検査ではカルシウムの量、つまりコンクリートがしっかりしているかどうかはわかるんですが、その中に埋め込まれている鉄筋の状態まではわからへんのです。やく骨太になるには、鉄筋も大事だということですね先生いま使われている骨粗鬆症の薬も、コンクリートの量を多くするもんばっかりなんです。
これからの時代は、鉄筋を強くする薬が開発のターゲットになってきますねやく食事とか運動で骨の量や骨の質をよくすることはできるんですか^先生食事でカルシウムの多い桜エビや小魚、チーズなどを食べることは大切ですね通郷隆盛像骨太、6、NO代表格を6骨質、tうだったん左3う西郷どん重力や日光浴も大切なワケ先生それと骨の健康を維持する上で重要なものは重力ですわ宇宙船で無重力状態の生活をした飛行士が地球に帰還したとき、当座はちゃんと立てんようになります。重力が加わらへん状態が続くと骨からコンクリート役が失われ、鉄筋も弱くなるからです。地Eに戻って重力を受けるようになったら回復しますけどね。
骨の強さを作る上で重力が大事やということからも、我々の先祖が海から上がって陸での生活を始め、をまともに受けるようになったことで骨のシステムが作られた、ということがわかります。
やく重力にありがとうの世界ですね先生それと日光浴との関係も大きいんです。
重力日光を適度に浴びると、紫外線によって、からだでビタミンDがよく作られるようになります。



治療をつづけた恭作さん
ビタミンDは腸や腎臓そして骨に作用して、血液中のカルシウムの量を増加させます。
やくほう。
先生実は最近、ビタミンDは免疫力を高め感染を予防するという大事な働きをする、と言われだしています。
細菌やウイルスがからだに侵入するのをビタミンDが防いでくれるんですね。また、ビタミンD不足とがんの関係も注目されています。
やくうーむ。骨のワールドも、なかなかに奥が深い。

生命のカギを握る、

細胞の外と内仕切ったほうが効率よくできる生命の営みやくでは、先ほどの話に登場した、電解質についての勉強をしたいと思います。電解質という難解そうな字を目にしただけで拒否反応を示す人がいるかもしれません。かく言う私も、この対談を行う前まではそうだったんです。でも今は、電解質の基本的なことを理解しておかないとマズイかもなと思うようになってきました。

電解質っていうのは、からだの細胞の営みの基本ツールなわけですよねそこでまず、電解質と関係するであろう生命の基本のにあたる質問をしたいのですが人類のそもそものルーツとなる生命体は海の中で生まれたと聞き及んでいますが、その生命体なるものはどうやって発生したのでしょうか^先生生命の起源についてはわからへんことだらけです。
私は、細胞膜なら細胞膜で仕切られた瞬間から、かと思っているんです。
独立した生物としての営みができるようになったんやないたとえて言えば、家の敷居にあたるもんができて、中は敷居の外とは違う自分の世界や、という状態になったことが重要やったという気がしてるんです。
やくなんで仕切ったかっていうことになると、哲学的な領域になって、科学の概念じゃないような気さえしますね。

  • ストレスがあふれ出す
  • 症状があるのだけれど
  • 薬でごまかしていれば

認知症はメインの疾患になり得ません。

細胞膜を安定させるだって、なんの意思もないところに、どうしてそうなっちゃつたんだろうって考えないといけませんものねこれは、宇宙に外と内があるのか、というような概念にも通じますか。もしかすると、宇宙にも外があるのかもしれない。
先生宇宙の外と内ねえやく膨張しているぐらいだから宇宙に外側があるんだろう、っていう考えはありでしょうけれどで、もし生物が生まれなければという話になりますと、先生が言われる敷居の外と中という考え方もたぶん出てこないんでしょうね先生結果的に、仕切ったほうがいろんなことが効率よくできるようになったわけです。たとえば、ものを貯めるという概念があるでしょ。ものを貯めるとなると、どこかに貯めなあかんわけです。
貯め込んでいく金庫がないと。で、どんどん貯め込んでいくことによってエネルギーが生まれるわけですわやく貯めることでエネルギーになるのですか^先生以前、細胞のミトコンドリアで、車で言うたら馬力にあたるATPアデノシン三リン酸が作られることを、話しました。ミトコンドリアがたくさんのATPを作ることができるのはミトコンドリアの中に水素イオンを貯め込んでいくからなんです。
やくほお先生食事をして糖分や脂肪を消化吸収するたびに、そうした栄養分を分解することで水素イオンが作られます。ミトコンドリアはその水素イオンをちょっとずつ貯め込んでいくわけです。
イメージ的には、ダムに水を徐々に貯めていって、ある一定の水位に達したら一気に放流するというように、ミトコンドリアは貯め込んだ水素イオンを一気に放流することで、たくさんのATPを作る水車を回すことができるんです。
ミトコンドリアを持たない初期の生命体は、稼いだ日銭をその日で使いきってしまうという単純な方法でエネルギーを作るやり方をしていましたそやけど、この方法やと効率が悪いんです。
その日暮らしの生活では、お金を貯めて電化製品や車を買って豊かな生活を送ることなんかできないことに似ています。
そこで、なんとか使わないで貯めておいて、ある段階まで貯まったら一気に使う、という効率的なやり方になってきたわけです。
やく落語にある江戸っ子の話じゃないですけど、宵越しの金は持たねぇ、っていうんじゃ駄目だと先生そういうやり方やとあかんのです。では、そんなことがなぜできるのかいうたら、ミトコンドリアでは二枚ある膜の内側の膜と外側の膜の間に水素イオンを貯めていくわけですわ。そういう空間を作るためにも、敷居で囲まんとあかんわけです。
やくいま先生のお話を伺っていまして、辞書はどのように説明しているのだろうかと思ったんですよね。

症状が改善されることが多いのも事実です。

ホルモンが分泌しなくなったことの影響が大きいと思われる「外じゃないのが内、内じゃないのが外」という説明じゃ話にならないわけで。
そうすると、何がしかを貯め込んでおく部分というのが内なんですね。辞書でもそう説明すればいいんだ『新明解』あたりにもそのように書いてもらって
先生節分の豆まきで、鬼は外、福は内って言うやないですか。まずは、外と内というイメージで細胞を考えてほしいんですわ。
やく外と内があることで生命としての現象も起きる.先生植物の葉緑体と動物のミトコンドリアは、非常によう似た形をしていますが、両方ともたくさんのエネルギーを作ることができるのは、膜で仕切られて外と内があるからです。
やくなるほど。
先生ミトコンドリアは細胞の中に浮かんでいるので、ミトコンドリアのというのは実は細胞膜で囲まれた細胞の中にあたるわけやけど。ちょうどロシアの入れ子式のこけし人形マトリョーシカみたいな感じ。

とにかくこのように外と内があって、エネルギーを生み出すものを内に貯め込むことで、生命として活動できる馬力を得る、というイメージなんですね。
神はまずrlの世に士カリをお創りにL’ーなられた。..細胞の活動がスイッチONになるときやくじゃあ具体的に、我々のからだの細胞の外と内では、どんな違いがあるのですか^先生イメージ的には細胞を取り囲む海水プール、ということで説明したらええかもしれません。

うつっぽくなってくる

内とでは電解質の量が違うんです。
細胞の外と海水プールという細胞の
環境と、細胞の
の環境を比較すると、こうなりますわ細胞の外の世界である海水プールに圧倒的に多い電解質はナトリウムなんです。電解質の量は、その濃度で表します。単位はふつうmEq/L(溶液1リットル中のイオン量を示す1リットル中のミリグラム当量略称メック)で示されます。この単位でどれぐらい多いかといいますと、カルシウムは八メックで、ナトリウムは一三0S一四〇メックという世界なんです。
電解質それぞれのでの比較をしますとね、カルシウムは細胞の外に多くて、ても少ないんです。その比率は一000対1くらいなんですわ。
細胞の内にはと一方ナトリウムは細胞の外に一四〇ぐらいなんですが、細胞の内は五ぐらいしかないわけです。

やく話の流れからいきますと、細胞の外と内とで量の差があることが、生命現象の何かカギを握っている.先生当たりですわ。
細胞の外と内の量に差があるということは、濃度に差ができるということになります。濃度の差があることで、細胞膜にある専用の通路が開くと、濃度の濃いほうから薄いほうへ、電解質が水に溶けた状態であるイオンがどっと入ってくることになります。
やくなんとなくイメージができつつあります。
専用の通路ということですが、細胞膜には、カルシウム用とかナトリウム用とか、それぞれ専用の通路がぁるのですか^先生そうなんです。カルシウム用の通路をカルシウム·チャネル、ナトリウム用の通路をナトリウム·チャネルといいます。その通路が開くと、外と内の濃度差をならすという作用で、濃度の濃い、つまり数の多いほうから、濃度の薄い、つまり数の少ないほうへとどっと入ってくる。で、そのどっと入ってくることで細胞の活動をオンにするスイッチが入るのです。
やく道理ですね先生カルシウムを例にとってみます。
細胞の外と内とでカルシウムが存在する比率は一000対1という話をしました。
子宮がん症状にある患者さんの検診

病気にならない生き方

薬を飲んでいました。細胞膜にあるカルシウム用の通り道が開くと、細胞の外一000と細胞の内が均質に、つまり五00対五00になろうとして、大変な勢いで細胞の外から細胞の内へとカルシウムが入ってくるわけです。
やく多いほうから少ないほうに流れ込む先生そのどっと流れ込む力を使って、生物は生きているんです。そういうイメージを持つことが、電解質やイオンというものを理解する手助けになるんやと思います。中でも細胞の活動をオンにする最初のスイッチ役がナトリウムなわけです。ナトリウムが細胞の内に入ってくると、野球の試合の応援のようなウェーブが起こります。専門的には活動電位が生まれるという言い方をしますが、このウェーブの興奮が伝わると、興奮を感知してカルシウムの通路が開いて新しいウェーブが生まれるというように、電解質の通路の開け閉めが連動してどんどんウェーブが伝わっていくのでやくきわめて巧妙なしくみであるわけですね滅多に起こらないカルシウム不足先生カルシウムが細胞の内に入ってくる、というのが細胞にとっては一番大きな刺激となるんですわ。
カルシウムの果たす役割って、それぐらい大事なものなんです。そやから、からだにカルシウムが不足するなんてことが起こったら、生きることを左右する大事になるんです。
やく言い換えれば、カルシウムが不足するようなことは滅多に起こらない。
先生起こったらもう終わりなんですねそれとね、これも一般的にはあまり意識されてへんことやけど、我々のからだには海水プールがあるっていう話をしましたねやくはい。
先生からだに水分をキープできるのは海水プールにナトリウムがあるからなんです。
やくナトリウムで、先生もしナトリウムの濃度が低かったら、からだから水分が失われてしなびてしまいますわやく水もしたたるいい男も、ナトリウムのお陰ですか^先生したたらせる水をキープするという意味ではね。
それと大事なことは、我々が運動したり、からだを動かしたりできるのは神経の命令を受けた筋肉の収縮があるからなんやけど、筋肉を収縮させる指令、つまり興奮させる最初の役割はナトリウムが担っているんです。
やくほほぅ。
先生で、ナトリウムによる興奮を感知して、細胞膜にあるカルシウムの通路が開きます。そうすると、細胞の外からカルシウムが入ってきますが、このことが刺激になって、さらに細胞の中にあるカルシウム貯蔵庫からも、たくさんのカルシウムが放出されます。