老化を解明する適当なモデルとして研究が進められてき

薬を常用している人の腸

認知症は歩かないほう

先生からきし^やくはい。時間があれば、からだを横たえていたいという。
いい景色を楽しみたいとか、余計なことをワクワクしてもっと頑張ろうという気にも歩くと良い、ということはしばしば聞き及んでいますけれど。
先生ほんまはきつめの運動をしたほうがいいんです。やくきついのができるんだったら、やったほうがいい、先生ウォーキングとジョギングやったら、ジョギングのほうがやっぱりええわけですわ。
問題は、続けられるかどうかによるんやと思うんです。
しし運動量も多いし。
毎日時間を持て余しています、という人やったら弱めの運動を長い時間かけて行えるわけやし、間がとれへん人は、きつめの運動を短時間やる、というんでもええんです。忙しくて時ウォーキングやジョギングは酸素をよく取り込む有酸素運動と言われるもんですけど、筋肉トレーニングのような無酸素運動も効果的ですわ。
やく私、ミャンマーのマンダレーという古都に行ったことがありますが、宮殿跡のまわりにお濠がめぐらされていて、外周道路もあって、日本の皇居のまわりとそっくりなんです。でも、ジョギングしている人はいなかった先生ほう。
やくところが、その外周道路にポツンポツンと筋肉増強マシンが設置されてるんです。で、実際にそれを使ってやっている人がいる。ミトコンドリアをよく鍛えるには、ミャンマーのほうが理にかなっているということですよね。

先生国民性もあるのかもしれん、と思いますけどねやく皇居のまわりでジョギングをする人があまりにも多くて社会問題化していますね。歩行者とぶつかると危ない、なんとかしろ、って。その緩和のためにも、ミャンマーにならって皇居の外周道路の所々に筋肉増強マシンを設置する。
先生あ、それって、いい感じやね
やくそれにしても、我々のからだって、きわめてよくできているワールドなのですねえ。感心、感激、感謝の気持ちに満たされます。
そこで締めくくりの言葉は、もちろん、これですね。
いつも、からだにありがとう
はかりありがとうso--lawSお大事に!
カ食いニと笋章謎の老化物質AGEの発見

糖とタンパク質を加熱すると褐色の物質となる

人の体が老化するのには、必ず原因があります。

ストレスです

年をとったら、皮膚がたるんだり、血管がボロボロになったり、視力が衰えたりするのですが、それは自然にそうなるのではなく、体の中で組織が何らかの変化を起こしたからです。
つまり老化のきっかけとなる物質がある。その物質として最近注目され始めたのが、(AdvancedGlycationEndProducts終末糖化産物)の存在です。
老化物質AGEそしていろいろ調べていくと、でわかってきました。
こうした老化現象はこのAGEで説明できそうだということが、最新の医学老化の原因物質か発見されたからには、それを取り除いたり、減らしたりすれば老化を防ぐ方法も見つけることができるはずです。
人類の長い間の夢だった不老不死の入口に、ようやくほんの少しだけ近づいたと言えるでしょうかでもどうやって老化物質AGEを取り除くのか?老化物質AGEを増やさないようにするにはどうしたらいいのか?その前に、なぜ老化物質AGEが発見されるにいたったのか、その話から始めましょう。
いまから100年前のこと。一九一二年、フランスの化学者ルイ·カミーユ·メイラードという人が、糖とタンパク質を加熱すると、褐色あるいは黄色い物質ができることを発見しました。こうした褐変反応は発見者の名前をとってメイラード反応と呼ばれるようになりました。
実はメイラード反応は、私たちも日常的によく経験している化学反応です。たとえば小麦粉と卵タンパク質をミックスしてホットケーキをつくると、表面がこんがりしたキツネ色になる。

 

ストレスをため込まないよう

医師から見おいしそうですね糖とタンパク質が加熱されて、メイラード反応が起きたわけです。
肉や魚を焼くと褐色の焼き目や焦げ目がつく。あれもメイラード反応
です。
味噌や醬油も製造過程で熱が加わるので、メイラード反応によって褐色になります。キャラメルやお煎餅の色、ビールやコーヒーの色を見ても、やはりこれらの製造過程にメイラード反応が関わっていることを示しています。

このように多くの食品にはさまざまな種類の糖やタンパク質が含まれていて、応が起きる。そしていろいろな変化が生まれます。
加熱するとメイラード反あるものは風味や香りがよくなったり、あるものは長持ちするようになったり、あるいは栄養価が上がったり……。反対に加熱するとまずくなったり、劣化したり、中には有毒な物質を生成してしまうものもあります。
たとえばポテトを高温の油で加熱すると、アクリルアミドという有毒な化合物ができることが、最近の研究でわかってきました。アクリルアミドは神経毒として作用するだけでなく、発がん性も疑われる劇物扱いの化合物です。ポテトチップスやフライドポテトの食べ過ぎは、肥満の原因になるだけでなく、毒の観点からもさけたほうがいいことがわかります。

動脈硬化を促進する。アクリルアミドという神経ともかくメイラード反応は、どんな食材をどのように加熱すれば、どんな影響があらわれるのか。高温で短時間、加熱したらあらわれるのか、低温で長時間、加熱しても出てくるのか、あるいは常温でもあらわれるのか。酸性、アルカリ性、中性、どの状態のときによくあらわれるのか。
つまりこんな調理法で、こんな焼き色をつけたらいい匂いが出て、風味がついておいしくなるとか、長持ちする。あるいは別な調理法では嫌な臭い刺激臭が出てきて、味が落ちるといった食品の味や風味や保存や劣化を検討する食品化学の分野で、主に研究が進んできました。
メイラード反応はこうして発見されてから約40年間は、ずっと食べ物との関わりで研究され論議されてきたのです表1

表1タンパク質とメイラード反応によるにおいの違い100度加熱時の臭気ライ麦パンのような匂い|甘いチョコレートの匂い180度加熱時の臭気刺激のあるチョコレートロイシンチーズを焼いた嫌な臭いフェニルアラニン|スミレの花の匂いじゃがいもの匂いチョコレートの匂いライラックの花の匂いトウモロコシパンの匂いチョコレートの匂いポップコーンの匂いバターボールの匂いタンパク質の焦げた臭いタンパク質の種類によって加熱したときの香りが違う。

医療費と患者さんの時間を浪費

ガンへと発展していくよって、いい香りがして、食欲をそそるものもある。
加熱することに花の一ル一1-0の1臭パ一-の一時一ョい!
の熱チ包いお一加|るの!
た一キ--のうト菓1レがョ||砂一ョ一ッにが酸種香ンのいリ質ぃ酸1ジ1ギ!///||-.¥シ1イア|イ!口|ルオ1オ1チ1ラタ1ギ1シ///|メスセスクアアタよちなみに二〇一二年、今年が、メイラード反応発見からちょうど100年㎡それを記念して九月に、国際メイラード学会がルイ·カミーユ·メイラード先生の母国フランスのナンシーで開かれることになっており、私も参加する予定です。
奇妙な形のヘモグロビンを発見ところが一九六九年になって、メイラード反応は食品だけでなく、ないか、という画期的な推測がされるようになりました。
人間の体の中でも起きているのではそのきっかけになったのは、サムエル·ラーバーというイランからニューヨークにあるアルバート·アインシュタイン医科大学に留学してきたお医者さんの発見でした。

ラーバー先生は血液を専門としていて、ヘモグロビンの研究をされていました。ヘモグロビンとは赤血球の中にあるタンパク質の一種です。ご存じの方も多いと思いますが、ヘモグロビンは酸素とくっつきやすく、肺から体の各組織に酸素を運搬する働きをしています。ヘモグロビンが足りないと、脳に酸素が十分届かなくなって、貧血症状を起こします。ラーバー先生はヘモグロビンの形や構造の違いによって、酸素の運搬機能に差が生まれるのではないかと考えました。
そして来る日も来る日もヘモグロビンの性質と機能を追いかけていたのですが、あるとき、んのヘモグロビンを調べていたら、とても変な性質をもつヘモグロビンを発見したのです。
糖尿病の患者さ実はこの奇妙なヘモグロビンは、老化物質AGEに変化する一歩手前のスモグロビンAle(HbA1c¥ヘモグロビン·エーワンシーという表記もある)という中間物質でした。

病気もあります。

医師はまず触診を行いでも、当時ラーバー先生はそんなことは知るよしもありませんでした。
ただ、糖尿病の患者さんの血液には奇妙な性質のヘモグロビンがたくさんあって、ふつうの人の血液にることはあるが、糖尿病の患者さんではこれが二三倍と多く存在することがわかった。
きっと、このへんてこりんな性質のヘモグロビンが糖尿病の患者さんに悪さをして、何か病気を起こしているに違いない、あるいは、このタイプのヘモグロビンが早期に糖尿病を診断する手がかりとなるかもしれない.という論文を一九六九年に発表したわけです。
この論文をきっかけにして、糖尿病と関連する各方面、すなわち医療の分野で、もつヘモグロビン、つまりヘモグロビンAlcに関する研究が始まりました。

このへんてこりんな性質をラーバー先生自身も研究しているうちに、ヘモグロビンA1cは正常なヘモグロビンに糖がたんこぶのようにくっついて変質した糖化物質だということがわかってきました。ここで疑問が生まれました。
なぜヘモグロビンAlcができたのか?
化したのか^なぜヘモグロビンに糖がくっつき、へんてこりんなものに変ここからが医学と化学のブレークスルーでした。長く食品化学の領域で糖とタンパク質の化学反応として研究されてきたあのメイラード反応と、人間の体の中で起こっている生化学反応とが初めて結びついたのでメイラード反応
とは、食品を構成する糖とタンパク質が加熱によって変質する化学反応のことでした人間の体の中にも、ブドウ糖という糖と体内組織を主につくっているタンパク質が多数存在しています。


ガンへと発展していく 健康保険適用となります。 症状が改善されることが多いのも事実です。